お問合せ

405事業(経営改善計画策定支援事業)を使って会社を立て直す!その注意点

~会社を立て直したいときに使える制度~

経営者が、会社の状態を何とか改善したい、いつも資金繰りに追われている状態を何とかしたい、と思ったとき、使える補助制度があります。経営改善計画策定支援事業(通称405事業)です。

何とかしたいけれど、どうしたらよいか分からないのなら、この補助制度を活用し、経営改善計画の策定を検討してみてはどうでしょうか。(ただし今後の改善実施により、営業利益が黒字化できる事が前提。計画を実施しても赤字が続くようなら、計画策定は難しい→計画が出来ても引き続き赤字の計画では金融機関が同意しないから)。

「経営改善計画策定支援事業」は、業績が厳しく、取引銀行向けに今後の改善策や数値計画を提出する必要がある中小企業者が活用できる制度です。以下のような申請の流れと補助額です。

~事業申請の流れ~

国が認定する中小企業支援者の「経営革新等支援機関」(私も認定されています)と、中小企業者、メインバンクの三者が連名で各都道府県の経営改善支援センターに申請し、採択になれば事業を開始するという流れです。

採択後は、経営改善計画の策定に入り、完成すれば、経営革新等支援機関が呼びかけ、債権者(融資を受けている銀行などの金融機関)を集め、そこで発表した計画が債権者から同意を得られれば、補助金が支給されます。

~事業の補助額~

計画策定と、その後3年間のモニタリング(事業進捗の確認フォロー訪問)費用のうち、2/3が補助されます(1/3は自己負担)。企業規模に応じて、最高100万円、200万円、300百万円の事業費です。(補助金はその金額の2/3が上限。300万円の事業費なら、200万円が補助金で、100万円が自己負担)。つまり、本来なら企業が全額負担する専門家へのフィーを、補助金で最高2/3まで負担してもらえるということです。

~補助事業を活用することのメリット~

以下のようなメリットがあります。

①専門家が改善施策や資金繰りなどの助言を行うことで、自社では気づかなかった改善策を知ることが出来る。
②メインバンクが計画策定に関与するため、元金返済猶予や新規融資、借入の組み替えなど、金融支援がセットになる(ただし全金融機関の同意が必要)。
③計画を作ることで、自社の方向性を照らす指針ができる。
④専門家に支払う費用(計画策定と策定後のモニタリング費用)の2/3が補助金(上限200万円)で支給される。

~良いところばかりではない、注意点~

当然注意点もあります。以下のようなことです。

①経験や力量の不足した専門家に依頼してしまうと、金融機関から同意が得られるレベルの改善計画が仕上がらず、時間とコストが無駄になる。(出来上がった計画については、すべての借入先金融機関から同意書が必要)。
②計画作成を専門家に丸投げしてしまうと、実現できない机上の計画が出来上がってしまう。
③計画を立ててもその後の実行が伴わないと、逆に金融機関から信用が下がる。

~注意点をクリアするためには~

上記注意点をクリアするためには、
①経験や実績が豊富な信頼できる専門家を選定する(すべての認定支援機関が、必ずしも金融機関同意レベルをクリアできる計画書を策定できるとは限らない)。
②計画策定の過程の中に経営者が積極的に関わり、自分の納得できる行動計画、数値計画を策定する(事務作業は専門家に任せても良い)。
③立てた計画は自社の責任のもと、真摯に実行する。例え未達の場合でも、逃げずに定期的に報告するなど、取引金融機関との信頼関係を大切にする。

~専門家を選ぶときのポイント~

お話ししてきたように、405事業は、専門家の選定が一つのポイントになります。以下のような点に注意しながらパートナーとなる専門家を選ぶと良いでしょう。

①事業の流れを正しく説明できるか
②今までに405事業をやり遂げた経験があるか
③経営者の話をきちんと聞く姿勢があるか
④時には厳しい視点で、客観的で専門的な助言が出来るか
⑤金融機関交渉ができるか
⑥費用(コンサルフィーや支払条件)の説明が事前にきちんとなされるか
⑦策定スケジュールや成果物のイメージを説明してくれるか

このように405事業を上手に活用するには、色々な注意点があります。うまく活用できると、良い事業だと思いますので、参考にしてください。

【この記事を書いた人はこんな人】プロフィール
【関連記事】
銀行が405事業を使うメリット
銀行が、提出した経営改善計画を認めない3つの理由
経営不振を改善していく企業 要因は何か

お問い合わせは、こちらからどうぞ。

「405事業(経営改善計画策定支援事業)を使って会社を立て直す!その注意点 」
ご覧いただきありがとうございました。

 
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ にほんブログ村←ランキング参加中。参考になったら、ぽちっとお願いします。

「コンサルのちょっといい話」 関連の記事一覧

 
ページトップ