お問合せ

銀行との取引歴史を振り返る~厳しいときに助けてくれた銀行はどこか~

自社の創業からの銀行取引を振り返ったことがありますか?

会社の歴史には、銀行取引が深く関係しています。

創業からの会社業績の歴史と、銀行取引の推移を並べてみた場合、色々と気づくことがあります。

厳しいときに助けてくれた銀行

創業時で信用がなかったとき、業績が悪化したとき、取引先の倒産に引っかかったとき、信用不安が発生したとき、、、

苦しいときに助けてくれた銀行(もしくは信用金庫)はどこですか?

今、会社が存続できているのは、その銀行(信用金庫)が支えてくれたからかもしれません。

年月が経過すると、忘れてしまいがちです。

厳しいときに融資をしてくれるのは、銀行からみるとリスクが高い行動です。リスクを取って支えてくれたのです。

その時の支店長、融資担当者は誰でしたか?

厳しいときに支えてくれたこういう銀行は、いつまでも大事にしたいものです。

逆にそのときに、サッと逃げて行ったのは、どこの銀行ですか?

 

良くなってから近づいてくる銀行

業績が良くなってから近づいてくる銀行があります。

銀行は、決算書を見て業績が良いと、アプローチしてくるのが普通です。

ほとんどの銀行は、創業時の信用がない時期、業績が悪化した時期、融資を敬遠します。

銀行は上場会社であるため、株主訴訟のリスクを負っています。

貸倒・倒産リスクが高い企業に融資は難しいのです。

ただ、業績が厳しいときは見向きもしなかったのに、業績が上向いてくると近づいてくる銀行。

経営者としては、複雑な気分になるでしょう。

 

返済は信用である

銀行から信用を得よう思ったら、「融資を約束通り返済すること」が重要です。

長期融資を約定返済(当初の融資契約期間で払いきること)すると信用が高まります。

リスケジュール(元金返済ストップ)を申し込んだり、他の銀行から融資を受けて返済する(融資肩代わりと言います)と、銀行からの信用は下落します。

長期融資を約定返済するためのポイントは、当初の事業計画です。

事業に想定外はつきものですが、出来るだけ色々なケースを想定した事業計画を立案し、無理のない返済計画を立てることが大切です。

 

支店長が替われば、融資方針も変わるのか

支店長が替われば、融資方針がガラッと変わることがあります。

残念ながら、これは事実です。

銀行の中には、融資に積極的な支店長も、慎重な支店長もいます。融資先に対して寛容な支店長も、厳しい支店長もいます。

銀行組織は、タイプの違う多様な人材を定期的な移動により交替させて、融資リスクを分散させているのです。

イケイケの支店長ばかりだと、逆に慎重な支店長ばかりだと、どうなりますか?

ウマの合う支店長が長年担当してくれれば良いのですが、そういう支店長に限って転勤ですぐいなくなります。

そのため、支店長と個人的に付き合うのではなく、銀行組織と付き合うというスタンスが大事になります。

 

社長が替われば銀行を変えたくなる

社長が代替わりした際、新しい社長は、銀行を変えたくなります。

会社と銀行の歴史を振り返らず、新しいことをしてみたくなります。

20年以上も前になりますが、私も銀行の融資担当者の時、経験しました。

代替わりした新しい社長に理由を聞くと、「新しい銀行に変えたくなった」とストレートに言われ、ショックを受けたことがあります。

特に最近は、融資条件や銀行ブランドで、銀行をドライに変えることが増えている気がします。

銀行を変える検討をする際、今までの取引の歴史を考えることも必要です。以下メインバンク変更の参考記事をご参照ください。

【参考記事】

「メインバンク変更 検討すべきケース」https://wada-keiei.com/archives/8940(和田経営相談事務所オフィシャルホームページ)

「メインバンク変更 デメリットとリスク」https://wada-keiei.com/archives/7993 (和田経営相談事務所オフィシャルホームページ)

「経営者が何気なくやる メインバンクがされて嫌なこと」https://wada-keiei.com/archives/6568 (和田経営相談事務所オフィシャルホームページ)

 

☑ 設備投資をする際、どこの銀行に申し込もうか、

☑ 経営者交替をどこの銀行に最初に報告しようか、

☑ М&Aの相談をどこにしようか、

☑ 人材雇用(財務部長派遣など)をどこの銀行に頼もうか、

 

会社にとって銀行に関する重要な経営判断をするとき、会社と銀行がたどってきた歴史を振り返れば、そこにヒントが埋まっているかもしれません。

以上、会社と銀行取引の歴史について、考えてみました。今後の参考にしていただけますと幸いです。

 

【この記事書いた人】プロフィール

【お手伝いの際の考え方】

【代表挨拶】お手伝いの際の考え方

【サービス料金メニュー】こちら

【ご契約までの流れはこちら】ご契約までの流れ

【この記事の問題を解決するための手段はこちら】

【新サービス】Zoomでのオンラインコンサルティング開始

【お客様の声】F社様 D社様 B社様

 

【関連記事】

アタリの融資担当者、ハズレの融資担当者

銀行からリストラ要請された、どうすればいい?

コロナ禍で融資を受けられる会社の特徴 ~決算内容、返済履歴、担当者との関係~

 

この記事の様なことで悩んでいる経営者のあなた。お問い合わせはこちらから(暗号化対応をしているので、コメントやメールアドレスが外部に漏れることはありません。24時間コメント受付、返信は翌営業日以降になることがあります)。☟

「銀行との取引歴史を振り返る~厳しいときに助けてくれた銀行はどこか~ 」
ご覧いただきありがとうございました。

関連タグ:タグ: , , ,

「コンサルのちょっといい話」 関連の記事一覧

お問合せ
セミナーの依頼
 
ページトップ