お問合せ

自社の決算書。経営者として理解力を高める、遠くて近い方法。

=== 決算書が苦手な経営者 ===

今日は少し耳の痛い話になるかもしれません。

銀行員17年、コンサルタント8年、合計25年間、多数の経営者と接してきました。

数字に強い経営者、苦手な経営者、様々いらっしゃいます。

ほとんどの経営者は、お話を聞いていると、感覚的には数字を把握しています。

どの商品が儲けを出している、あの取引先が儲けを出してる、あの現場は黒字のはずだ、赤字だろう、、、、。

さすが、だいたいは当たっています。

しかし一方で、自社の決算書を読むのが苦手な方もいらっしゃいます。

もったいないな、と思います。

=== 決算書が苦手な経営者が採りがちな行動 ===

現場の数値感覚が分かるので、あと自社の決算書が正しく読めれば、鬼に金棒なのに、と思います。

決算数字は、経理担当者任せ、税理士任せ、、、。これは危険です。業績悪化に弱い経営者の典型パターンと言えます。

自社の数字を理解していないため、原因が分からず適切な対策が打てなくなり、不安になるのです。

不思議と、普段は税理士丸投げの経営者ほど、有事の際には税理士に厳しく当たり、税理士を替えたりします。(丸投げしない経営者は、自分の責任と捉えます)。

=== 決算書の勉強、その方法 ===

ではどうすれば、良いか?

自社の決算内容は、経営者自身が腹入れすることです。

自社の決算書を正確に理解することも、経営者の重要な業務なのです。

そうはいっても、今さら、、、。何からやっていいか。

そこで、比較的簡単に取り組める方法があります。

「簿記」の通信教育を受けることです。もしくは通信教育が苦手なら、資格学校に通っても良いかもしれません(簿記3級で十分)。

簿記の何が良いかというと、「仕訳(しわけ)」が理解できること、です。

=== 企業活動の多くは、数字に置き換えることができる ===

企業活動の多くは、数字に置き換えることができます。

☑売上が口座に入金になった、
☑仕入代金に対して、支払手形を切った、
☑従業員に給与を払った、
☑取引先と懇親会をして代金を払った、
☑銀行に借入金を返済した、

全て数字で、仕訳で、表現できます。

例えば、

✔ 売上代金の入金(1,000万円)ですが、簿記では、

借方          貸方
当座預金 1,000万円  売上 1,000万円
(資産の増加)     (収益の計上)

✔ 銀行借入金の返済(300万円)は、

借方          貸方
長期借入金 300万円  当座預金 300万円
(負債の減少)     (資産の減少)

✔ 従業員への今月の給与の支払い(200万円)は、

借方          貸方
支払給与 200万円   当座預金 200万円
(経費の発生)     (資産の減少)

これが、積み重なったものが、決算書です。決算書の貸借対照表は、左側の資産と、右側の負債・資本合計が、同金額でしょう。

=== 企業活動で重要な経営者への投資 ===

簿記の勉強をすると、こうした仕訳ができるようになります。簿記3級を勉強するだけでも全然違います。

企業経営で、経営者への投資(知識への投資)は、最も重要な気がしますが、いかがでしょう?

【この記事を書いた人はこんな人】プロフィール
【関連記事】
中小企業経営者は現金の動きを注視せよ!
黒字なのにお金が足らなくなる3つの要因
会社数字が分かる経営者になるには

お問い合わせは、こちらからどうぞ。

「自社の決算書。経営者として理解力を高める、遠くて近い方法。 」
ご覧いただきありがとうございました。

 
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ にほんブログ村←ランキング参加中。参考になったら、ぽちっとお願いします。
関連タグ:タグ: , ,

「コンサルのちょっといい話」 関連の記事一覧

 
ページトップ