お問合せ

銀行借入金返済額は、損益計算書には記載されない。では決算書のどこを見れば良いか?

この記事のポイントは以下3点です。

 

☑ 経営者は、銀行借入金元金返済を経費と勘違いしているので、損益計算書で探す→経費ではないので、見つからない

 

☑ 一方、支払利息は経費なので、損益計算書の営業外損失に記載されている。借入金元金はお金の貸し借りであり、貸借対照表(長期借入金、短期借入金)にしか記載されていない。しかし、1年分の貸借対照表だけでは返した額は分からない

 

☑ 銀行借入金返済額を探すためには、2年分の貸借対照表で増減を比較、もしくは、銀行借入金の返済表の確認が必要である

 

詳しく見ていきましょう。

 

銀行借入を年間いくら返済しているのか気になる

自社の銀行借入返済金、毎年どれぐらい返済しているのか、気になることがあります。

どれどれ決算書を確認してみるか、

決算書を眺めてみても、まず分かりません。ではどのように理解すれば良いのでしょうか?

説明していきます。

銀行借入金の返済額を確認したい経営者の行動は、だいたい以下のような感じです。

 

銀行借入金は、税務上の経費にならない

まず、損益計算書を見てみます。

売上、製造原価経費、販売管理経費、営業利益、支払利息、経常利益、、、。

借入金の返済が出ていません。

製造原価報告書か、販売管理費の中に記載しているかも。。。中身を目を凝らして見てみます。

それでも記載が無いようです。

なぜ経営者が、損益計算書を確認するかというと、「銀行借入返済金」を「経費」と勘違いしているからです。

銀行借入返済金は、税務上、経費ではありません。しかし、現金としては出ていくので、経費のような気がするだけです。

経費ではないので、収益と経費が記載されている損益計算書には、記載されていません。(一方、利息は経費なので、記載されています)。

 

貸借対照表から返済額を知る方法

次に貸借対照表を見ます。

ここには、固定負債の部門に、「長期借入金」という項目があります。

でもこれは、決算時点での残高です。やはり借入金返済金額は分かりません。では、どうすれば分かるのでしょう?

確認している決算書のもう1年前の決算書を用意します。そして2期分の決算書の貸借対照表「長期借入金」の残高を比較します。

例えば、1年前は2,000万円、最近の決算で1,400万円であれば、1年間で600万円返済した、ということです。

毎月に直すと、600万円÷12か月=50万円。50万円が毎月の返済額と考えることができます。

 

【関連記事】銀行は、決算書のどこをチェックしているのか

 

貸借対照表から確認する方法の弱点

ただし、この方法には弱点があります。

決算の途中で、追加借り入れをした場合、毎月の返済額が分からなくなることです。

例えば、上記のケースでは、半年前に500万円借りていたとします。すると、1年間で返済した金額は、先ほど理解した600万円ではなく、1,100万円になります(2,000万円+500万円-1,400万円=1,100万円)。こうなると、期の途中から返済が始まった部分があるため、分かりづらくなります。

実はもう一つ方法があります。この方法は、決算書を使いません。

 

返済額を確認する、一番確実な方法

銀行から送られてくる借入金返済表を確認することです。借入金返済表には、毎月の返済額が記載されています。

元金返済と利息支払い、それぞれの内訳、その合計額が記載されているはずです。

元金返済の部分が、決算書に記載されていない、「銀行借入返済額」です。

もし長期借入金が5口あれば、5口分の返済元金を合算したものが、貴社の銀行借入金返済額の実態なのです。

 

(例)ある会社の銀行借入金返済表が以下と仮定

№  銀行名   月額元金  月額利息  月額元利金合計(単位;円)

①  A銀行   100,000   5,000    105,000

②  B銀行   200,000   10,000     210,000

③  C銀行   150,000   7,500    157,500

④  D銀行   100,000   5,000    105,000

⑤  E銀行    200,000   10,000     210,000

合計         750,000   37,500     787,500

 

この場合は、月額元金合計750,000円×12か月分=9,000,000円が、1年間の銀行借入金元金返済額となります。

 

そして、1年間の銀行借入金返済額が、年間返済財源(利益と減価償却費など)より多ければ、資金繰りが厳しくなり、「黒字なのになぜかお金が不足する」と、頭を抱える状態になります。(銀行借入金と返済財源の関係については、以下の参考記事を参照ください)。

 

【参考記事】

自社の決算書から長期借入金の返済能力を判断する簡易な方法

 

以上、銀行借入金の返済額確認方法について、お話ししました。

 

銀行返済と自社の返済能力の関係はどうなのか、分からないことがあれば、下記メール連絡フォームからご連絡ください。

 

【この記事を書いた人はこんな人】プロフィール

【経営支援に対する考え方はこちら】代表挨拶

【関連記事】

黒字なのに現金がない3つの原因

資金繰りが厳しい原因は、銀行借入金のバランス崩れ。判定法と対処法

 

財務強化、資金繰り改善に関してのご相談、お問い合わせは、こちらからどうぞ(24時間コメント受付、ただし返答は翌営業日以降になることがあります。暗号化対応をしているため、メッセージやメールアドレスが外部に漏れることはありません)。☟

「銀行借入金返済額は、損益計算書には記載されない。では決算書のどこを見れば良いか? 」
ご覧いただきありがとうございました。

 
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ にほんブログ村←ランキング参加中。参考になったら、ぽちっとお願いします。
関連タグ:タグ: , ,

「コンサルのちょっといい話」 関連の記事一覧

お問合せ
セミナーの依頼
 
ページトップ