お問合せ

最近読んだビジネス本7冊

Tag:

最近1か月で読んだ本です。

 

1.「プログラミングを知らないビジネスパーソンのためのプログラミング講座」cccメディアハウス

まさしく私のことです。文中の例題に取り組んでみましたが、難しいです。小学校でもプログラミングが必修になるようです。このままでは時代に取り残されそうです。

2.「プロフェッショナルの条件」ダイヤモンド社

ドラッカーの若いときの経験(part3の「私の人生を変えた7つの経験」)の部分が、特に印象的で参考になりました。プロ意識を高めていきたいです。

3.「ニュータイプの時代」ダイヤモンド社

時代の変化により、オールドタイプの人間は生き残れないとのこと。ニュータイプの思考が必要なようで、自分は果たしてどちらなのか?自問自答しながら読みました。

4.「データ資本主義」日本経済出版社

単純に著者が好きなので。この人の本はたくさん読んでいます。80歳を超えて、頭の回転がすごい。スーパー高齢者ですね。参考にしたいものです。

5.「つながりの創り方」東洋経済

再読です。「サブスクリプション」が、キーワードとして流行っていますが、形だけで導入しても失敗するようです。大切なのは「つながり」。今後のコンサル活動において、必読の書です。多分また再読します。

6.「ファンベース」ちくま新書

ロイヤルカスタマー(ファン)とのつながりを解きます。ファンを喜ばせることほど楽しい仕事があるだろうか。上記の「つながりの創り方」と併せて読めば、理解が深まるかも?

7.「サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい」講談社α新書

昨年あたりよく売れた本です。遅ればせながら。仕事としてМ&Aの知識も必要になるので、入門書として。分かりやすい記述で一気に読めました。この本を読んで、中小企業買収に動き始めた人もいると思います。

 

現在は、「坂の上の雲」を読んでいます。松山の話(主人公3名が松山出身)なのですが、恥ずかしながらまだ読んでいないので。

「最近読んだビジネス本7冊 」
ご覧いただきありがとうございました。

 
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ にほんブログ村←ランキング参加中。参考になったら、ぽちっとお願いします。
関連タグ:

「コンサルのちょっといい話」 関連の記事一覧

お問合せ
セミナーの依頼
 
ページトップ