お問合せ

セミナーで気付いたこと ~続編~

Tag:

前回、セミナーで気づいたことについてお話しました。その中で大事な話を思い出しましたので追加します。

某銀行の幹部が言っていました。「銀行は、企業が提出してくる事業計画書を信用していません。その通りにいくことは皆無だと考えています。」

その言葉を聞いて自分の銀行時代を思い出しました。銀行用語で企業が融資用に作成してきた事業計画書を「バラ色の事業計画」と呼んでいました。特に創業者が出してくる事業計画書については、フランチャイズの本店や設備導入業者など「利害関係者」が作成したものが多かったように記憶しています。当然それらの利害関係者は、「創業者に事業をやってもらいたい」という強いインセンティブが働いています。そのため「バラ色の事業計画書」を作成し、あわよくば融資が下りたとしても、結果事業者は、開店後に予定通り事業が進まず四苦八苦することが多いのです。

銀行ではこのように「融資を受けるために作成された」という事業計画書の特性から、事業者(特に創業者)が作成した事業計画書を70%に修正し、判断材料としていました。民間銀行の創業者に対する融資姿勢が厳しいのはそのためです。

我々コンサルタントも事業計画書の信頼性を高めるため、より実現性の高い事業計画書の作成に努めたいものです。いけいけどんどんではなく、時には事業者にリスクをお伝えし、より成功に近づけるお手伝いができるよう意識していきたいと考えています。そして、銀行員にコンサルタントが作る事業計画書は信頼性が高いと認識されたいと思います。

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村←ランキング参加中。この記事が参考になったら、ぽちっとお願いします。励みになります。

「セミナーで気付いたこと ~続編~ 」
ご覧いただきありがとうございました。

関連タグ:

「コンサルのちょっといい話」 関連の記事一覧

お問合せ
セミナーの依頼
 
ページトップ