お問合せ

セミナーで感じたこと

Tag:

先日、あるセミナーで某銀行現役幹部のお話を聞く機会がありました。題目は「銀行とうまく付き合っていくには」でした。

その方は事業者にとって色々有益なお話をされ、最後に「銀行とうまく付き合っていくための5つのポイント」を発表されました。以下の通りです。

①取引銀行は変えない方がよい。取引銀行を度々変える経営者を銀行員は信用しない。

②メインバンクを決めておく。銀行は企業が苦境に立ったとき、「メインだから支える」という気持ちを持つことが多い。

③情報開示をした方がよい。うそ、隠し事はご法度。銀行はそれを一番嫌う。逆に正直な経営者であれば銀行は支える。

④けんか相手になってくれる銀行を重宝する。銀行は時には厳しいことをいうが、それも企業のためである。

⑤10年以内の返済計画を立てる。(長期借入金÷キャッシュフローが10年以内に収まるようにする。)

最後にこう話していました。銀行は経営者の『ひととなり』を最も重視する。

これが銀行の考えです。私も銀行員時代は同じようなことを考えていました。しかし、おそらく企業側からすると「???」と理解できないこともあるのではないでしょうか。立場立場で考えは違ってくるからです。ただ、こういうことを頭に入れておけば、銀行と上手に付き合っていけるかもしれません。

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村←ランキング参加中。この記事が参考になったら、ぽちっとお願いします。励みになります。

「セミナーで感じたこと 」
ご覧いただきありがとうございました。

関連タグ:

「コンサルのちょっといい話」 関連の記事一覧

お問合せ
セミナーの依頼
 
ページトップ