お問合せ

通信教育のすすめ

Tag:

プロコンとして活動を開始して8カ月が経過し、ようやくリズムも整ってきました。

そこで、自己啓発の一環として、通信教育を始めることにしました。

まずは、農業に興味があるので、「アグリビジネスに強くなる講座」を3か月、その後「事業再生講座」を4か月やることにして申し込みました。

通信教育のメリットは以下のようなことが考えられます。

①自分の空き時間の中で、自分のペースで学習ができる。
資格予備校などは仲間ができていいのですが、決められた時間に行く必要があるため、多忙な社会人は途中で断念してしまう可能性があります。

②とはいいつつも、提出期限付の課題があり、勉強しなければならない状況に追い込まれる。
課題や期限がないとなかなかテキストを開く気になりません。こうした制約条件がないと人間さぼってしまうものです。

③受講料前払いのため、受講料分は勉強しようという気になる。
受験予備校などよりは安いのですが、それでも数万円は費用がかかります。お金をかければ当然、回収しようという気が起こります。

自分で事業を開始すると、今までのように、いろいろアドバイスしてくれたり、お尻を叩いてくれる上司はいません。また、切磋琢磨するライバルもいません。自分との戦いになります。そこで、ぼんやりとしているとどんどん能力が落ちていくような気がします。

そんな思いから、通信教育を開始したのですが、課題や期限があるため、「追い立てられてでもやらなければならない」という気持ちになります。

私は、もっぱら「きんざい」の通信教育を利用しています。皆さんも機会があれば、是非通信教育に挑戦してみてください。

ついでにどうしてもやる気がしない時、私がどうしているかお話します。それは、「テキストを開いて眺める」ことです。眺めていると、不思議とやる気が出てきます。何事もやり始めることが一番難しいですからね。やり始めるための自分なりの決まりごとを作っておくといいかもしれません。(目薬いれるとやる気のスイッチが入るとか)

人気ブログランキングへ←ランキング参加中。ぽちっとご協力よろしくお願いします。

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村←ランキング参加中。ぽちっとご協力よろしくお願いします。

「通信教育のすすめ 」
ご覧いただきありがとうございました。

関連タグ:

「コンサルのちょっといい話」 関連の記事一覧

お問合せ
セミナーの依頼
 
ページトップ