お問合せ

答えは顧客の中にあり

Tag:

先日、相談があり、あるクライアントさんのところを訪問してきました。

1時間の面談中、ほとんどその方のお話を聞いていました。私がアドバイスさせていただいたのは、最後の5分だけです。

聞くというより「聴く」です。聴いている間、感じていました。「この方は自分の中に解決策を持っている。」ですから、ヒアリングしながらその解決策を引き出していくことに集中していました。最後にはご自身が納得され、解決方法を見つけ出されました。

コンサルタントをしていると、「報酬をいただく以上、何か有効なアドバイスをしなければならない」という焦りから、こちらが一方的に話してしまうことがありがちです。恐らく、自分もそうしてしまったことがあります。

そんな時自分では、「いいアドバイスができた」と悦に入っていても、相談者側は、「はぁ・・・。」という感じで、理解できたのか、できなかったのか、という反応です。いわゆる「腹に落ちていない」という状況です。これでは、実際アドバイスを行動に移していただくことは難しいです。行動に移していただけなければ、コンサルティングは失敗です。

だから、コンサルティング中は、相談者が何を求めているのか、注意深く観察します。ヒアリングしていると言葉の端々に出てきます。ずばっと提言がほしいのか、あと一歩背中を押してほしいのか、やることに対しての同意を求めているのか、・・・。

コンサルタントは、書く、話す、聴くの3つの基本的な力が必要だと言われています。私も活動している中で、簡単なように見えて、一番難しいのは、「聴く」力だと感じさせられます。

「いくらいい提言をしても、クライアントに実行に移していただけなければ、ゼロである。」診断実習での先生の教えが思い出されます。実行に移していただくためには、相談者の話を聴くこと、これが大切な事ではないでしょうか。

人気ブログランキングへ←ランキング参加中。ぽちっとご協力よろしくお願いします。

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村←ランキング参加中。ぽちっとご協力よろしくお願いします。

「答えは顧客の中にあり 」
ご覧いただきありがとうございました。

関連タグ:

「コンサルのちょっといい話」 関連の記事一覧

お問合せ
セミナーの依頼
 
ページトップ