お問合せ

地方で中小企業診断士で食っていくと決めた5年間の備忘録⑦~セミナーとの付き合い方~

~セミナーの仕事について~

セミナーについてお話しておきたい。

開業して5年間、年によって違いはあるが、年間10~20本程度のセミナー講師の仕事をしてきた。

開業当初は、物珍しさやご祝儀の意味もあり、ポンポンとお声がかかった。信用、実績がない中で、よく呼んでいただけたと思う。(主催者、紹介者に感謝!)。一つ一つのセミナーに対して、全力で準備を行い、例え報酬が安くても手を抜かない事。最初はこういう姿勢が必要だと思う。

数を経験してくると、リピートの声掛けがある。これは、前の仕事が評価された、ということで嬉しい。

~自主開催と講師として依頼されることの違い~

セミナー講師の仕事は、2種類あると思っている。一つは、主催者から声をかけていただく場合(厳密にいうと主催者のテーマで依頼される場合と、こちらから企画を持ち込む場合がある)。もう一つは、自社が主催者となってやる場合。後者の場合は、より労力を使う。企画、会場選定、集客、運営、集金など、自分ですべてやらないといけない。一番大変なのは集客。集客のためには、良い企画立案も必要だし、広告宣伝費もいる。とても疲れてリスクも発生するが、ノウハウは蓄積される。

当事務所は、いままで2回自社開催を行った。もともと先輩コンサルのお手伝いをした際、自主開催のやり方を勉強したのだ。

セミナーは、それ自体が営業だ。しかも参加していただく方(特に自主開催の場合)は、興味があって参加いただくわけで、こちらが積極的にコンサル提案などの営業をする必要がない(もちろん、参加いただくためには、DMやネット告知など、色々営業はしますよ!)。

起業する際、コンサルの先輩に「コンサル業務の成約につなげたければ、セミナーをやればいい。」と、教えていただいた。

セミナーをする際には、構成に気を使う。参加者を退屈させないために、どのような話し方をすればよいかも研究する。そして、自分が一方的にしゃべらず、参加者と意思疎通を図りながら進めることにも、気をつけている。

今後の展開としては、県外に進出をしたい。県外の連携相手がいれば、共同開催を検討するし、自主開催としても打って出る。今年はその元年にしたいと考えている。

【参考記事】
地方で中小企業診断士として食っていくと決めた5年間の備忘録⑧~愛媛という市場~
自分の事業の方向性を整理してみた

お問い合わせは、こちらからどうぞ。

「地方で中小企業診断士で食っていくと決めた5年間の備忘録⑦~セミナーとの付き合い方~ 」
ご覧いただきありがとうございました。

 
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ にほんブログ村←ランキング参加中。参考になったら、ぽちっとお願いします。
関連タグ:タグ: , , ,

「コンサルのちょっといい話」 関連の記事一覧

 
ページトップ