お問合せ

銀行の融資姿勢が変わった??

Tag:

最近、色々なところでお話をしていると、銀行の融資姿勢が変わったのではないか、と感じる機会が増えました。

今までどちらかというと銀行は、融資を絞り、国債売買益や投資信託などの手数料収入で、収益をあげようとしてきました。その姿勢が、国の成長戦略の後押しもあり、変わるのではないか、とのムードが出てきています。

成長戦略を実行していくためには、どうしても民間銀行の融資への積極姿勢が必要です。企業が新たな事業展開をしたくても、資金調達ができなければ、話が前に進まないからです。

民間銀行の融資への積極姿勢を促すため、国は2つの取組をしています。1つは新規発行国債の日銀引き受け、もう1つは金融庁による検査時の「新規融資に関する取組のヒアリング」です。

日銀の新規国債発行引き受けにより、銀行は国債の購入、売買で収益を上げづらい環境になってきます。また、金融庁の「新規融資に関する取組のヒアリング」は銀行にとって、大きなプレッシャーになります。

方向性は望ましいとして、問題は融資手法です。今までのように、自銀行のリスクを避けた「マル保融資」に依存するのではなく、自身もリスクをとる「プロパー融資」に重点を置いてほしいと思います。中小企業のパートナーとして、銀行もリスクをとり、地域経済発展に貢献する姿勢を見せてほしいと思います。

「銀行の融資姿勢が変わった?? 」
ご覧いただきありがとうございました。

 
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ にほんブログ村←ランキング参加中。参考になったら、ぽちっとお願いします。
関連タグ:

「コンサルのちょっといい話」 関連の記事一覧

 
ページトップ