お問合せ

銀行から見て首をひねりたくなる決算書⑥~預金がないのに現金は多額~

Tag:タグ: ,

銀行から見て首をひねりたくなる決算書。本日が最終回です。「預金がないのに現金は多額」についてお話したいと思います。

通帳に現金がないのに、決算書には現預金がある

時々、銀行預金は、数十万円でカツカツなのに、決算書上現金が預金の何倍、数百万円などという決算書を見ることがありました。首をひねりたくなります。常識では考えにくいからです。

社長に「現金、どこにあるのですか?」と聞くと、「税理士に任せているから」との返事。つまり現物がなく説明できないのです。

帳尻を合わすために、現金勘定に計上している、そして現物はない。銀行預金だと残高証明と合致させなければいけませんが、現金だと社内の現金出納帳と合わせばよいのです。銀行預金のように、対外的な証明書は必要ありません。

このように、預金より現金が何倍もの決算書は、銀行から見ると首をひねりたくなる決算書なのです。

以上、6回に分けて「銀行から見て首をひねりたくなる決算書」についてお話してきました。

【この記事書いたのはこんな人】プロフィール

【実績はこちら】過去の企業支援実績

【関連記事】

中小企業経営者は、決算書の現預金の動きを注視せよ!

会社の資金繰りは、どうやって把握するのか

粉飾決算書の提出は、銀行の融資態度にどう影響するか

お問い合わせはこちらから

「銀行から見て首をひねりたくなる決算書⑥~預金がないのに現金は多額~ 」
ご覧いただきありがとうございました。

 
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ にほんブログ村←ランキング参加中。参考になったら、ぽちっとお願いします。
関連タグ:タグ: ,

「コンサルのちょっといい話」 関連の記事一覧

お問合せ
セミナーの依頼
 
ページトップ