お問合せ

全銀協の電子債権開始について

Tag:

現物の手形に代わる電子債権の取引システム「でんさいネット」のサービスが始まりました。全国491の金融機関が参加し、電子債権の情報を一元的に管理します。

例えば、メーカーA社が下請けB社に代金を支払う場合、インターネットやファックスで支払期日や金額を登録しておけば、B社の口座に自動送金される仕組みです。現物の手形に比べて、紛失や二重譲渡のリスクが少なく、印紙税もかかりません。電子データで管理するため、債権を分割して一部を譲渡したり、現金化したりすることが可能で、企業の新たな資金調達手段になる可能があります。

伊予銀行、愛媛銀行、愛媛信用金庫のHPを確認すると、でんさいネットを開始しているようでした。

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村←ランキング参加中。この記事が参考になったら、ぽちっとお願いします。励みになります。

「全銀協の電子債権開始について 」
ご覧いただきありがとうございました。

関連タグ:

「コンサルのちょっといい話」 関連の記事一覧

お問合せ
セミナーの依頼
 
ページトップ