お問合せ

あいなんびやびやカツオを食べました

Tag:

今日仕事で愛媛県愛南町に行きました。

愛南町は、松山市から車で2時間30分。高知県との県境に位置する漁業が盛んな街です。特に愛南町の深浦漁港は、カツオの水揚げ量四国一です。カツオと言えば高知県が有名ですが、実はここ愛南町でとれたカツオが、結構高知県の市場に出ているのです。

深浦漁港にはとれたてのカツオを提供してくれる「市場食堂」があります。「市場食堂」には新鮮なカツオを求めて、県外からも観光客が訪れるそうです。今日たまたま、仕事が終わったときに、船がカツオを乗せて港に帰ってきました。漁船からカツオが市場に届けられる生の現場を初めてみました。そのカツオが「市場食堂」にそのまま持ち込まれ、カツオの刺身になって出てきました。新鮮で歯ごたえがあり、とてもおいしかったです。

びあびやカツオとは、漁場で釣られたカツオをその場で血抜きし、氷漬けして港に持ち帰り、当日、翌日までに顧客が食べることができるものを限定してそう呼びブランド化しています。今日私が食べたのは、漁場で釣られてから3時間程度しか経過していないものだったのです。もっともっとこの工程やストーリーが顧客に伝われば、ますます付加価値の高いものになるのではないでしょうか。

 

「あいなんびやびやカツオを食べました 」
ご覧いただきありがとうございました。

関連タグ:

「コンサルのちょっといい話」 関連の記事一覧

お問合せ
セミナーの依頼
 
ページトップ