お問合せ

プロ野球ドラフトの人間ドラマ

Tag:

今日は少し経営とは外れるかもしれませんが、先日行われたプロ野球のドラフト会議についてのお話です。

昨年のドラフトも斉藤祐樹選手を中心に盛り上がりましたが、今年のドラフトも人間ドラマがたくさんありましたね。

ソフトボールの選手が初めてドラフトにかかったり、難病を抱えながら野球をしている選手が、ジャイアンツの育成枠に指名されたり、面白い話や感動的な人間ドラマがたくさん展開されました。

その中でもとりわけ注目を集めたのが、ジャイアンツの単独1位指名確実と言われていた東海大学の菅野投手でした。ジャイアンツの原監督の甥で相思相愛、他球団は指名してこないだろうという大方の予想でした。その予想を覆し、ファイターズが1位指名し、見事くじを引き当てたのでした。

指名後の会見では、はっきり言葉には出しませんでしたが、菅野投手は無念そうでした。原監督もがっくりしていました。菅野選手の父親や祖父からコメントでは、事前に挨拶もなかったファイターズからの指名に困惑し、不信感も感じているようでした。交渉は難航するかもしれません。

人生にはこうした予期せぬ出来事が起こります。ここで落ち込んでしまうか、気持ちを切り替えて前向きな対応をするかで、今後の野球人生は大きく変わってくると思います。菅野投手の場合は、気持ちの整理に多少時間がかかるとは思いますが・・・。

後から振り返れば、逆に「あの時ファイターズに指名されてよかった」と思えるように頑張ればいいのではないでしょうか。気持ちの切り替えに時間がかかるかもしれませんが、これも人生です。与えられた立場で全力を尽くしてほしいものです。今後の菅野選手に注目です。

また、個人的にはソフトバンクの4位指名、島根県の海星高校 白根選手に関心があります。

ご存じですか?白根選手のニックネームは「山陰のジャイアン」です。面白すぎます。「ぷっ」と笑いが出るほど、ぴったりのネーミングです。埼玉西武の中村選手「おかわり君」のように、ニックネームは人気も上昇させます。白根選手にも注目です。

人気ブログランキングへ←ランキング参加中。ぽちっとご協力よろしくお願いします。

「プロ野球ドラフトの人間ドラマ 」
ご覧いただきありがとうございました。

 
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ にほんブログ村←ランキング参加中。参考になったら、ぽちっとお願いします。
関連タグ:

「コンサルのちょっといい話」 関連の記事一覧

 
ページトップ