お問合せ

地方でコンサルをして生きていく③~仕事の絞り込み~

Tag:

最初は自分の得意分野が分からない

コンサルの営業本などを読んでいると、「得意な分野、自分の売りを早く見つけなさい」と助言があります。

正解ですが、最初のステージでは、得意な分野が何か、どんなサービス・商品パッケージが顧客に売れるのか、分かりません。

だから声がかかった仕事は、最初はまずは受けて、がむじゃらにやってみることをお勧めします。

開業当初は、「ご祝儀」で声をかけてくれることが多くなります。まだ色がついていない自分を、「少し試してみようか」、となるからです。この時期を逃してしまうと、賞味期限切れになってしまいます。

挑戦してみると分かってくる

私にも業界の先輩から声がかかりました。仕事の依頼や会合へのお誘いです。

自分がその仕事や会合、組織に向いているかどうか分からなかったのですが、まずはお誘いを受けてみました。

色々試してみると、見えてくることがあります。

どんな種類の仕事で力を発揮できるのか、顧客から評価が高い仕事の種類は何か、逆に向いていない仕事は何か、、、

自分では適性がないと思っていたのに、案外向いていたり、得意だと思っていても力が発揮できなかったり。

とりあえずやってみないと見えてきません。

得意な分野、力を発揮できる分野を見つけるためには、このように試行錯誤が必要です。

地方では色々な業種支援が必要

その結果、私の場合は、業種の絞り込みはせず、業務の絞り込みをしています。

地方でコンサルをしてくためには、業種の絞り込みは難しいと感じているからです。

ですから、支援経験のない業種のお手伝いを結構することになります。

【この記事書いた人】プロフィール

【実績はこちら】過去の企業支援実績

【お問い合わせ、ご質問はこちらからどうぞ】

「地方でコンサルをして生きていく③~仕事の絞り込み~ 」
ご覧いただきありがとうございました。

 
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ にほんブログ村←ランキング参加中。参考になったら、ぽちっとお願いします。
関連タグ:

「コンサルのちょっといい話」 関連の記事一覧

お問合せ
セミナーの依頼
 
ページトップ