お問合せ

銀行の担保の話⑤~時価と担保評価~

御社が銀行に担保を差し入れているとしたら、銀行からその担保物件は、どの程度の担保価値で評価されているでしょうか?

実は自分が思ったほど銀行は、担保価値を評価していません。銀行員と経営者の間では、融資を申し込んだ際、よくこういうやり取りがあります。

経営者:「追加融資を申し込みたいんだけど。」

銀行員:「追加の担保はありますか?」

経営者:「すでに御行の担保に入れているでしょ!融資残高も減少しているし、枠が空いているはずだよ」

銀行員:「残念ながら、現在担保評価割れとなっています。」

経営者は十分担保価値があると考えていますが、銀行から見ると担保評価割れで、信用部分がでている。追加融資をするには、追加担保が必要な状態になっている。

これは経営者が、担保物件を実勢価格(時価)で見ていることに対して、銀行側は時価から補正した担保価格で評価しているからです。経営者は時価、銀行は担保価。この基準の違いなのです。

この内容を、さらに詳しく色々な角度から説明するセミナーを、「経営に役立つ 銀行対応力向上セミナー」として、25年10月から開講します。この機会を是非ご活用ください。詳しくは⇒こちらから

 

「銀行の担保の話⑤~時価と担保評価~ 」
ご覧いただきありがとうございました。

 
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ にほんブログ村←ランキング参加中。参考になったら、ぽちっとお願いします。
関連タグ:タグ: , ,

「コンサルのちょっといい話」 関連の記事一覧

 
ページトップ