お問合せ

銀行の担保の話③~信用保証協会付融資~

銀行に融資を申し込んだ際、銀行が提案してくる融資形態は「信用保証協会付」融資が多いです。広い意味で言うと、信用保証協会付融資も「担保付融資」と言えるかもしれません。

「なぜ銀行は保証協会付融資を勧めるのか」で詳しくお話しましたが、信用保証協会付融資は、銀行にとって大切な融資形態なのです。また、信用保証協会自身も残高を積み上げて、中小企業の資金円滑化に貢献するという使命があり、銀行とは利害が一致し、持ちつ持たれつの関係なのです。こうして企業が融資を申し込むと「保証付融資を銀行員が提案する」という土壌が出来上がっているのです。

銀行は保証付融資のことを「無担保融資」というかもしれませんが、「銀行がリスクを取っていない(一部は銀行がリスクを取っている部分がありますが→銀行20%保証協会80%)」という観点でいれば、担保付融資と似たようなものなのです。

この内容を、さらに詳しく色々な角度から説明するセミナーを、「経営に役立つ 銀行対応力向上セミナー」として、25年10月から開講します。この機会を是非ご活用ください。詳しくは⇒こちらから

「銀行の担保の話③~信用保証協会付融資~ 」
ご覧いただきありがとうございました。

 
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ にほんブログ村←ランキング参加中。参考になったら、ぽちっとお願いします。
関連タグ:タグ: , ,

「コンサルのちょっといい話」 関連の記事一覧

 
ページトップ