お問合せ

銀行に新規融資をストップされる5つのケース

【はじめに】

銀行に新規融資をストップされた。経営者は慌てます。「急に手のひらを返された!」と立腹するかもしれません。しかし会社側に原因はなかったのか?経営者があまり気にせず取っていた行動が、銀行にとって「新規融資をストップ」するぐらいの大きな出来事だった可能性があります。どんなことが銀行の融資態度に影響を及ぼすのか?知っておくことで問題行動を回避して、銀行とより良い関係を続けていただきたいと考え、記事にしました。

 

この記事のポイントは以下の通り

 

☑ 銀行が新規融資をストップする要因は、「決算赤字」「融資限度額」「粉飾決算」「資金使途違反」「不良情報の入手」の5つである。

☑ 新規融資ストップはもとより、場合によっては既存融資の一括返済を求めらることもあるので、注意が必要である。

それでは詳しく見ていきましょう。

 

銀行に新規融資をストップされる。

会社経営に大きな影響を与えます。

出来れば避けたいその状態。今回はその原因を、5つに絞り考えてみます。

銀行が新規融資をストップするケース

 

決算で赤字が続いた

決算で赤字が続くと、新規の銀行融資が受けられなくなります。

2期連続赤字が発生すると、融資姿勢は厳しくなります。

銀行は、常に貸したお金が返ってくるかどうかを心配しています。

赤字だと融資金を返済するお金(返済財源)が不足するからです。

 

【参考記事】2期連続赤字で、銀行の融資態度はどうなるか。

 

融資の限度額に到達した

銀行は、融資先ごとに融資限度額を決めています。

融資限度額に達すると、新規融資は難しくなります。

融資限度額は、融資先の返済能力、財務内容、担保力、保証能力、過去の融資のピーク額などにより決定します。

融資を受けるとき銀行員から、「今回は融資できますが、次回の融資は難しいかもしれません」、などと示唆されると、融資限度額が近づいている可能性があり、注意が必要です。

 

粉飾決算が発覚した

粉飾決算が発覚すると、銀行は態度を硬化させます。

裏切られたと感じ、経営者に対して不信感を持つからです。

経営者が粉飾決算に手を出してしまうのは、多くが融資を受けるためです。

銀行ごとに何種類も決算書を作っている会社を、私も銀行員時代に体験しましたが、傷はどんどん大きくなり、最終的には残念な結果になりました。

特に、売上の架空計上や仕入れの過少申告、在庫の水増し、簿外債務(決算書に載せていない借入金や未払金)などは、悪質とみなされます。

粉飾が発覚した場合、新規融資ストップはもちろん、既存の融資の一括返済を求められることもあります。

 

【参考記事】銀行は粉飾決算をどうやって見抜いているか~よくある粉飾のパターンと経営者としての心構え~

 

資金使途を違反した

過去の融資に関して資金使途違反が発覚すると、銀行は態度を硬化させます。

経営者からすると、「約束通り返済すれば問題ないでしょう」、と考えます。

しかし、銀行は融資審査で「資金使途(融資金の使いみち)」を重視しています。

過去の経験から、「資金使途を違反した融資金の債務不履行になる確率が高いこと」を知っているからです。

よくあるのが、設備資金名目の借入を運転資金に流用してしまうことです。

経営者に悪気がない(当面の資金繰りに追われて仕方なく)場合でも、銀行は「仕方ないね」とは言いません。

決算書の固定資産明細をチェックする、現物を写真撮影に来る、領収書の提出を求められる、など銀行が事後確認にきますので、必ず発覚します。

発覚すると今後の新規融資に影響しますし、一括返済を求められることもあります。

 

【参考記事】資金使途の意味と、資金使途違反を見つけたときの銀行の対応

 

良くない情報をキャッチした

融資先の良くない情報が周辺から入ってきた際にも、融資態度が厳しくなります。

特に地域金融機関は、地元に情報ネットワークを持っています。

そのネットワークから、「取引業者への支払いが遅れているようだ」とか、「従業員の給料支払いが滞っている」などの情報が入ることがあります。

また預金口座から、税金の滞納、社会保険料の未納なども確認できます。

上記のような情報について、事前に経営者から報告を受けているとまた違った対応になるかもしれませんが、周りから間接的に情報が入ってくると、銀行は融資の蛇口を絞ります。

 

以上、銀行が新規融資をストップ(絞る)5つの要因について、考えてみました。

参考いただき、このようなケースに陥らないよう注意いただけますと幸いです。

 

【この記事書いた人】

プロフィール

 

【今までの支援実績】

実績一覧 ~企業支援関係~

 

【関連記事】

銀行へ決算報告に行くことの効果と注意点

 

2期連続の営業利益赤字になった。経営者は今すぐ何をすべきか。

 

銀行は、決算書のどこをチェックしているのか

 

財務体質・経営力を強化したい場合のご相談・お問い合わせは、こちらからどうぞ(24時間コメント受付、ただし返答は翌営業日以降になることがあります。暗号化対応をしているため、メッセージやメールアドレスが外部に漏れることはありません)。☟

「銀行に新規融資をストップされる5つのケース 」
ご覧いただきありがとうございました。

関連タグ:タグ: , , ,

「コンサルのちょっといい話」 関連の記事一覧

お問合せ
セミナーの依頼
 
ページトップ