お問合せ

財務数値から改善ポイントを見つける簡単な方法

中小企業のコンサルティングに入るとき。

色々な角度から、企業を取り巻く経営環境の現状を分析し、今後の進む方向性について提言します。

この流れを「経営診断」と言います。

個人で言うと、健康診断の様なものです。

健康診断は、体に関するデータを収集し数値化して、改善ポイントを提案してくれますよね。

中小企業に対する経営診断も、同じような流れを取ります。

「数値データを収集し並べてみる、分解する」というアプローチを採ります。

 

決算報告書に記載されているデータ

企業活動に関して数値データと言えば、一番身近なところで「決算報告書」があります。

1年に一度、税理士事務所から届きますよね。

貸借対照表、損益計算書、販売管理費、製造原価報告書、勘定科目内訳明細、別表、、、。

そのあとには細かい数値分析データがついています。

安全性、収益性、効率性などの各指標。

売上高営業利益率、流動比率、固定比率、負債比率、自己資本比率、労働分配率、各資産の回転率、営業キャッシュフロー、、、。

色々ありすぎて、どれが大事か、正直よく分からないかもしれません。

 

まずは並べてみる

そこでお薦めするのが、まずは数値を時系列に並べてみることです。

手始めに、損益計算書、貸借対照表の5年分をエクセルシートを使い、並べてみます。

なぜ5年間かというと、コロナ発生前とコロナ発生後の財務数値を比較できるからです。

今ある数値を移し替えることなので、難しくはありません。

損益計算書は、企業活動の1年間の収益と費用を確認するものです。

貸借対照表は、今までの企業活動の資産、負債、資本の蓄積を確認するものです。

どちらも大切です。

 

自分の手で入力がポイント

ポイントは、自分の手でエクセルに入力してみることです。

損益計算書では、

✔ あ、この年は材料費が増えたのか、

✔ この年は雑収入(本業以外の入金)が多かったのか、

✔ 売上は増加傾向か減少傾向か、

✔ 利益はどんどん厳しくなっているな、

貸借対照表では、

✔ 自己資本が目減りしているな、

✔ 現預金が減っているな、

✔ 金融機関借入金が増えているな、

✔ 在庫が膨らんでいるぞ、

✔ 設備投資したから固定資産が増加してるな、

などなど、、、。

企業活動を、財務数値の時系列化により、社長自身が確認できるのです。

 

販売管理費と製造原価報告書を並べてみる

次のステップでは、販売管理費と製造原価報告書に取り組みます。

小売業、卸売業、飲食業、不動産業、サービス業などは製造原価報告書がありませんので、販売管理費のみ作業します。

同じように、5年分エクセルに数値を入力し、並べてみます。

販売管理費では、

✔ 役員報酬がこの年増えた(減った)、

✔ 人件費がこの年増えた(減った)、

✔ 支払手数料が増えているけど何だろう?

✔ 雑費の額が大きいぞ、何だろう?

✔ こんなに接待交際費や旅費交通費使っていたっけ?

製造原価報告書では、

✔ 材料費の推移

✔ 労務費の推移

✔ 外注費の推移

✔ その他製造コストの推移

などなど。

 

異常値を色塗りする

数値を入力していると、「時系列で見た異常値」に気づきます。

例年と比較して、大きく増えたり減ったりしている数値。

その数値を、入力その都度、黄色など、目立つ色で色塗りします。

そして、入力完了後、色塗りした部分の原因について解明していくのです。

原因がはっきりすれば問題ありません。

原因解明の過程で、もしかしたら社長が把握できていなかったことが、見えてくるかもしれません。

 

重要な数値をカスタマイズする

社長のあなたは、自社にとって大切な指標を把握していることでしょう。

今までのエクセルシートに、カスタマイズして追加してみます。

例えば、労働集約型事業なら、売上高人件費比率や労働分配率など。

売上が下がっているのに、人件費は同水準であれば、売上高人件費比率は悪化します。

例えば製造業であれば、材料費と売上のバランス。

売上高材料費比率。

在庫の回転期間も大切です。

棚卸資産回転率の5ヵ年推移を比較します。

会社ごとに、それぞれの事情や経営環境が違います。

そのため、どの指標が重要か、も違います。

あなたの会社にとって大切な指標を分析しましょう。

 

重要指標分析は経営判断を助ける

重要な数値・指標が分かれば、そして時系列化して、俯瞰してみれば、何をしなければならないかが見えてきます。

✔ 材料の調達を見直さないといけないのか、

✔ 人件費を見直さないといけないのか、

【参考記事】【経営者向け】あなたの会社の人件費は適正なのか ~どのように調べ、どう経営に活かすか~

✔ 値上げ交渉が必要なのか、

【参考記事】値上げする時が来た ~経営者が迷う理由と値上げのステップ~

✔ 付加価値化や新商品開発による市場開拓が必要なのか、

✔ 事業分野や店舗の撤退が必要なのか、(ただし、この判断のためには、さらに部門別採算分析や店舗別採算分析が必要)

【参考記事】不採算部門からの撤退、どう判断する??

などなど。

適格な経営判断が可能となります。

数値分析を丸投げ、人任せにしていると、経営の意思決定を誤るのです。

まずは、今日お話ししたことを、できる範囲で始めませんか?

進め方や客観的な助言は、私の方でお手伝いできますので、気軽にご相談ください。

当事務所で言えば、簡易経営診断サービスに該当します。

 

この記事に関するアンケート(初回無料相談特典付き)にご協力いただけませんか?

こちらから ⇒ https://forms.gle/msyXzygvSoBsAwvK6

※グーグルフォーム形式のアンケートです。

 

あとがき

フォーマットをこちらで作り、数値を内部資料から拾っていただき、入力してもらうことがあります。

顧客別採算表、部門別採算表、商品別採算表、店舗別採算表、プロジェクトごと採算管理、などです。

最初はしぶしぶ応じる経営者。言葉には直接出さなくとも、「必要なの?」という心の中が見えます。

本業をやりながら、忙しい中での作業依頼なので、仕方がないことです。

ただ実際に終わってみると、「気づかなかった視点に気づけた」とか「自分の感覚と違う結果に驚いた」などの感想をいただくことも多いのです。

数値で把握すること。

今すぐ緊急で必要な「第1領域」のことではないですが、急がないが実は重要な「第2領域」の取り組みだと私は感じています。

 

【この問題に対処する担当コンサルタント】プロフィール

【お手伝いの際の考え方】

【代表挨拶】お手伝いの際の考え方

【サービス料金メニュー】こちら

【ご契約までの流れはこちら】ご契約までの流れ

【この記事の問題を解決するための手段はこちら】

【新サービス】Zoomでのオンラインコンサルティング開始

【サービスを受けたお客様の声】F社様 D社様 B社様

【関連記事】

中小企業の広告宣伝費 ~宣伝効果が薄い理由と有効活用法~

【経営者向け】あなたの会社の人件費は適正なのか ~どのように調べ、どう経営に活かすか~

銀行融資で財務以外にチェックされるポイント ~数字で見えない6つの項目~

 

この記事の様なことで悩んでいる経営者のあなた。お問い合わせはこちらから(暗号化対応をしているので、コメントやメールアドレスが外部に漏れることはありません。24時間コメント受付、返信は翌営業日以降になることがあります)。☟

「財務数値から改善ポイントを見つける簡単な方法 」
ご覧いただきありがとうございました。

関連タグ:タグ: , , ,

「経営者の方へ」 関連の記事一覧

お問合せ
セミナーの依頼
 
注目の記事カテゴリ

経営者の方へ

銀行員の方へ

中小企業診断士の方へ

ページトップ