お問合せ

銀行員が突然会社を訪問してきた。その理由

一般的には、ビジネスマナーとして、訪問するときはアポイントをとります。

しかし、銀行員は、会社を突然訪ねてくることがあります。

なぜなのでしょう?

少し考えてみます。

銀行員が突然訪問してくる

 

融資先の新規開拓

 

銀行営業担当の大切な役割として、新たな融資先の発掘があります。

だいたいは、半期(6か月)で何先新規開拓、という目標をもっています。

貴社にも取引のない銀行の営業担当が、「社長と面談をお願いしたいのですが」と、突然訪ねてきたことがありませんか。

「なぜうちの会社に?」と疑問を持ったかもしれません。

銀行員は、やみくもに突撃訪問をしてきているのではありません。

貴社の内容をある程度把握したうえで、訪問してきているのです。

銀行員の事前調査の方法は、民間調査会社のデータ活用です。

具体的には、東京商工リサーチや帝国データバンク。

銀行は、上記のような調査会社と提携しています。

調査会社に蓄積されている貴社のデータを確認し、新規で融資取引をしたい、と訪ねてきているのです。

取引のない銀行から新規訪問を受けた貴社は、銀行からの評価が高いと言えるでしょう。

 

支店長が訪ねてきた

 

社長が夕方貴社すると、机の上に取引銀行の支店長の名刺が置かれていることがあります。

日頃から懇意にしている支店長なら、お互いの都合を合わせて面談を申し込まれるはずです。

しかし、名刺の支店長とはあまり面識がありません。何かあったのか?

社長は銀行の営業担当者に問い合わせるかもしれません。

 

理由はいろいろ考えられるのですが、多いのが

・支店長は融資先の訪問が大事な業務。訪問件数が多く、アポを取っていると件数がこなせないため、突然の訪問になる

・アポなし訪問により、融資先企業の普段の様子を確認したい(事前アポを取ると身構えられる)

・融資先の訪問により、銀行の部下(営業担当者)の仕事ぶりを確認している(苦情はでていないかなど)

のようなことです。

 

いずれにしろ、大事な用件であればアポイントを入れるはずですから、緊急の用事ではない、と考えられます。

 

ふらっ、とやってくる習性

 

思い起こせば、私も銀行員の営業担当時代、アポなし訪問をやっていました。

担当時代は、新規融資先の開拓。

最後の方は、営業マネージャーをやっていましたので、部下が融資先経営者を怒らせた場合は、アポなしで飛んでいきました。電話でアポを入れると、怒っている経営者から「もう来なくていい!」と訪問を断られるからです。とにかく顔を見せてお詫びすることが必要でした。

ただし、契約など大切な用事の時には、必ずアポを入れました。

 

銀行員には、ふらっとやってくる習性があります。

ふらっとやってきても、案外経営者が面談してくれます。社会的な信頼性(銀行看板のブランド力)があるからです。

銀行を辞めて、再認識しました。

 

銀行員が訪ねてくる会社は、銀行が近づきたい会社です。

特に支店長などが「ふらっとやってくる会社」は、銀行から信頼されている会社と言えそうです。

 

【この記事書いた人】

プロフィール

 

【今までの支援実績】

実績一覧 ~企業支援関係~

 

【関連記事】

銀行員が上司と2人で訪問してくることの意味について(融資断りか、前向きか)

 

銀行員が急に融資を断ってきたその背景

 

銀行が融資を勧めてきた。その理由と対処法

 

財務体質・経営力を強化したい場合のご相談・お問い合わせは、こちらからどうぞ(24時間コメント受付、ただし返答は翌営業日以降になることがあります。暗号化対応をしているため、メッセージやメールアドレスが外部に漏れることはありません)。☟

「銀行員が突然会社を訪問してきた。その理由 」
ご覧いただきありがとうございました。

関連タグ:タグ: , ,

「コンサルのちょっといい話」 関連の記事一覧

お問合せ
セミナーの依頼
 
ページトップ