お問合せ

自社の決算書から、長期借入金の返済能力を判断する簡易な方法

~決算は黒字なのに、資金が足りないわけ~

決算書や試算表。会計担当者から手渡されると、確かに黒字になっている。

しかし通帳にそれだけの残高はないし、月末近くになると、いつも経理担当者から「社長、今月は○○万円不足しそうです。お願いします」。と泣きが入る。

そんなとき、いくつかの要因が考えられるが、その中の一つに、「長期借入金の返済額」が考えられる。

社長が決算書の中で重視し一生懸命眺める、損益計算書(PL)。売上や利益が記載されている。一番最後の税引き後最終利益は黒字だ。お金は残っているはず・・・。しかし、資金繰りが厳しい。

その原因の一つとして考えられるのは、長期借入金の返済額と自社の返済能力が合致していない可能性だ。つまり、最終利益より、長期借入金の返済額が大きい。(年間返済額 > 最終利益)。長期借入金の返済財源は、税引き後の最終利益(+現金の支出を伴わない経費である減価償却費)だ。だから、資金繰りが厳しくなる。

~借入れ元金は、損益計算書のどこにも出ていない~

社長に見えてこないのは、損益計算書には借入金の元金が、どこにも記載されていないためだ。元金返済は、借りたものを返すだけで、経費ではない。だから、税金を算出するために作成される決算書(PL)には、記載されない。

~自社の長期借入金の返済能力の簡単な判定の仕方~

ではどうすれば、自社の長期借入金の返済能力判定ができるのか。簡単に説明する。用意してほしいのは、自社の過去2期分の決算書と、銀行の長期借入金の返済表だ。

①決算書直近2期分の損益計算書「税引き後当期純利益」に、販売管理費および製造原価報告書の「減価償却費」をたす。(例えば1期前 利益500万円+償却300万円=800万円。2期前 利益400万円+償却300万円=700万円。)※ただしその際、不動産売却による固定資産売却益や株式の売却損など、その決算期にだけたまたま起こった一過性の利益や赤字は除いておくこと。

②出た数値を加算し、2で割り平均を出す。(上記であれば、(800+700)÷2=750万円)。

③長期借入金返済表の中から、毎月返済金を探す。元金と利息に分かれているため、元金だけに注目する。(利息は経費であるため、損益計算書で経費処理されている)。例えば借入れが5口有り、月々元金が50万円、50万円、30万円、20万円、10万円であれば、=合計160万円とする。

④160万円に12ヶ月をかける。160万円✖12ヶ月=1,920万円。

※結論 返済財源750万円に対して、元金支払いが1,920万円であるため、1,170万円不足する。

これが黒字が出ているのに、資金繰りが忙しい要因の一つになる。(それ以外に、売掛金の焦げ付きや、資金の社外流出、など資金繰りを繁忙化する要因は色々あるが、今回は触れない)。

~返済財源が不足すると~

こうなると、不足の1,170万円をどこからか用意しないといけない。社長の個人的な資金だったり、親戚や知人、取引先からの借入れとか、新たな銀行融資に頼ることになる。

まずは、実態を把握すること。それがあって、無駄のカットや資金の組み替え、債務の圧縮等の対策の実行に移ることができる。

この視点で、一度自社の決算書を眺めてみることをお勧めする。

《この記事のまとめ》
・決算書は黒字なのに、資金繰りが多忙なのは、長期借入金の元金が原因の場合がある
・返済元金は、決算書の損益計算書のどこにも出ていないため、見落としがちになる
・返済能力の簡単な判定基準は、「税引き後当期純利益」+「減価償却費」。この金額が、年間の長期借入金元金合計より少なければ、資金を他から調達する必要がある

【ブログ記事書いてるのはこんな人】プロフィール
【参考記事】
黒字なのにお金が足らなくなる3つの要因
資金繰りが厳しくなったときの手順について(経営改善計画策定支援について)
会社の資金繰りはどうやって把握するのか

お問い合わせは、こちらからどうぞ。

「自社の決算書から、長期借入金の返済能力を判断する簡易な方法 」
ご覧いただきありがとうございました。

 
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ にほんブログ村←ランキング参加中。参考になったら、ぽちっとお願いします。

「コンサルのちょっといい話」 関連の記事一覧

 
ページトップ