お問合せ

『経営を視覚化する』。そのツールと効果

緊急度は低いが、重要性の高いことに意識を向ける

経営環境が日々変化する中、経営者は「今後の事業展開を何とかしないといけない」、と日々モヤモヤと考えると思います。

しかし、モヤモヤとしながらも、日常業務に忙殺され、将来展望のことは後回しになりがちです。

日常業務は、緊急度が高く重要性も高いです。そのため最優先で取り組みます。

一方、「将来展望を描くこと」は、緊急度は低いのですが、重要性は高いのものです。

ただ、この「緊急度は低いが、重要度が高いこと」に意識を向けられる経営者が、結果的には、会社経営を継続させていく傾向にあります

 

将来展望を描くために、視覚化する

会社の将来展望を描くことについて、考えてみます。

会社の将来展望を描くために有効な方法は、「経営を視覚化する」ことです。

なぜなら、頭の中で色々考えていても、「堂々巡り」になり、行動につながらないからです。

経営を視覚化すれば、今後のやるべき方向が具体的に見えてきて、行動につながりやすくなります。

でもどうやって、視覚化すればいいのか、、、

そこで今日は、「経営を視覚化するためのツール」について、フォーマットを3つ紹介します。

 

①経営デザインシート

内閣府の知的財産戦略推進事務局が作成しているシートです。

このシートの良いところは、1枚で全体を俯瞰できることです。

自社の特徴から、今後の目指す方向性を落とし込める書式になっています。

リンクを貼っておきます。☟
「経営デザインシート」;内閣府
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/titeki2/keiei_design/siryou01.pdf

 

②ローカルベンチマーク

経済産業省がフォーマットを提供しています。

このシートの良いところは、自社の業務フローや商流、経営環境をまとめられることです。

まとめながら、業務フローや商流、経営環境について、自社の強みや課題が整理できます。

また、財務数値を同業他社と比較できるシートもありますので、数字で自社の課題を把握できます。

私もコンサルティングに入る際には、支援先を「ローカルベンチマーク」で経営診断することがあり、このシートを重宝しています。

リンクを貼っておきます。☟
「ローカルベンチマーク」;経済産業省
https://www.meti.go.jp/policy/economy/keiei_innovation/sangyokinyu/locaben/

 

③事業価値を高める経営レポート

中小企業基盤整備機構がフォーマットを提供しています。
①で紹介した「経営デザインシート」と、似ています。
しかしこちらのほうが、より幅広く将来像を考えるようになっています。

逆に①で紹介した経営デザインシートは、「顧客への価値提案」に絞り込んでいる印象です。

リンクを貼っておきます。☟
「事業価値を高める経営レポート」;中小企業基盤整備機構
https://www.smrj.go.jp/tool/supporter/soft_asset1/index.html

 

 

以上3つの「経営を視覚化する」ためのツール(フォーマット)を紹介しました。

 

「経営を視覚化すること」の効果

上記3つのシートを活用し、経営を視覚化することで、

 

☑ 経営者の頭が整理され、具体的行動につながる

☑ 後継者に作成させると、次期経営者としての準備につながる

☑ 社員に作成されると、当事者意識や会社への愛着心をもつことになる

 

などの効果が期待できます。

会社の状況に合わせて作成を検討してみてはいかがでしょう?

当事務所でも作成のお手伝いをしていますので、お気軽にご相談ください。

 

【この記事書いた人】

プロフィール

【支援実績】

今まで支援した内容

【関連記事】

事業承継のポイント~後継者に経営計画を作らせる。効果と手順~

新規事業進出の是非

 

お問い合わせはこちらから

 

「『経営を視覚化する』。そのツールと効果 」
ご覧いただきありがとうございました。

 
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ にほんブログ村←ランキング参加中。参考になったら、ぽちっとお願いします。

「コンサルのちょっといい話」 関連の記事一覧

お問合せ
セミナーの依頼
 
ページトップ