お問合せ

中小企業診断士 2次筆記の結果発表に思う

Tag:タグ:

12/12(金)に26年度の中小企業診断士の2次筆記の結果発表がありました。

細かく分析はしていませんが、今年は25%程度の合格率だったようです。今年は少し高かったな、という印象です。

2次試験の合格率は、過去の実績をみても、だいたい20%程度です。1次合格率が約20%、その中から、更に2次筆記合格は20%と狭き門となっています。私も2次試験一度不合格になっています。(2次試験の失敗談

合格された方は、おめでとうございます。2次口述、実務実習に向けて体調を整え、準備が忙しくなると思います。

不合格の方は、私も経験がありますが、「また長い1年が始まるのか。自分は本当に合格できるのだろうか。」と不安感と喪失感で、ぬけがらのようになっている人も多いのではないでしょうか。

体験談で言わせていただくと、私の場合、2次で不合格となってからの1年間が、独立した現在、財産になっています。強がりではなく、本当にそう思います。「本当に合格できるのだろうか」、という不安の中での戦いは、換えがたい宝物のような経験となりました。

でもそれは、結果的に合格できたから言えるかもしれません。人それぞれの考え方はありますが、参加するだけでは意味があまりない。最終的には、みんな合格したいと思って勉強していると思います。

これからの行動は自分次第です。私の場合は、遠回りして、気持ちをリセットする勉強方法をとりました。事例Ⅲが苦手だったので、こんなことをしてみました。

「少し休んでみる」のもいいかもしれません。自分なりの勉強方法を考えてみるのも、この時期がよいのではないでしょうか。

「中小企業診断士 2次筆記の結果発表に思う 」
ご覧いただきありがとうございました。

関連タグ:タグ:

「コンサルのちょっといい話」 関連の記事一覧

お問合せ
セミナーの依頼
 
ページトップ