お問合せ

第22回瀬戸内成長戦略研究会(中小企業診断士勉強会)開催しました

Tag:

愛媛県でも珍しく雪が積もっています。高速道路は、雪でクローズが相次いでいます。

そんな中、本日、瀬戸内地区の中小企業診断士の勉強会「瀬戸内成長戦略研究会」を開催しました。22回目です。

テーマは、「経営者保証に関するガイドラインについて」、でした。

去る2月1日から、金融機関融資に関しての「保証人制度」が大きく変わっています。現行の保証人制度は、中小企業のスムーズな資金調達に対して、一定の役割を果たしてきたことは事実ですが、同時に様々な社会問題を引き起こしてきました。

そのため政府は、保証人制度に関して、現行制度よりは、中小企業の経営者に有利なガイドラインを策定し、今後金融機関に遵守を求めます。

本日は、その保証人制度の変更点について、学びました。このガイドラインが制定されたことで、「経営破たん後、どのような影響があるのか」、「新規融資を受ける際に、保証参加を求められないケースは」、「現在保証参加している場合、変更の可能性は」など、今後の考えられる影響について、話し合いました。

中小企業診断士として、経営者をバックアップするために、是非知っておきたい旬な題材でした。

瀬戸内成長戦略研究会では、随時新メンバーを募集しております。興味を持っていただいた方は、当事務所までご一報ください。(HPのお問い合わせフォームか、お電話でご連絡ください)一緒にスキルアップしましょう。

「第22回瀬戸内成長戦略研究会(中小企業診断士勉強会)開催しました 」
ご覧いただきありがとうございました。

関連タグ:

「コンサルのちょっといい話」 関連の記事一覧

お問合せ
セミナーの依頼
 
ページトップ