お問合せ

特定顧客に依存するリスク

Tag:

商売をしているとお得意さんができます。商売を続けていくうえでは、このお得意さんといかに長く付き合っていくかが、成功の一つのポイントです。

一方、特定のお得意さんに売り上げのほとんどを依存するほどリスクが高いことはありません。そのお得意さんが大手企業だったりすると、本社の決定でばっさり取引が無くなったりします。銀行時代からそのようなケースをたくさん見てきました。

お得意さんが海外に生産拠点を求め、国内から生産拠点を移すケース。大手電機メーカーが工場を集約し、地方から撤退するケース。それまで下請けの地元企業は、大手メーカからの安定受注により、高収益を計上してきました。しかし一転、廃業の危機です。

大切なのは、そのようなこともあるのではないかと気構えし、少しずつでも準備しておくことです。

我々コンサルも同じです。一人のクライアントや仕事が飛ぶと、経営が傾くようでは困ります。大きな仕事を狙わず、よりたくさんの顧客から、生涯に渡り長い取引をしていただく。そんなコンサルになりたいと思います。

「特定顧客に依存するリスク 」
ご覧いただきありがとうございました。

関連タグ:

「コンサルのちょっといい話」 関連の記事一覧

お問合せ
セミナーの依頼
 
ページトップ