お問合せ

情報過多の時代、いかにPRに取り組んでいくか

Tag:

昨日愛媛経済レポートの記事が出てから、以前の上司や取引先、面識のあった方から、電話が架かってきます。

皆さん一様に「記事見たよ。でも、いつ辞めたん?」分かってはいましたが、自分が考えてる以上に、他人は自分のことを知らない(興味をもたない)ものです。当然です。

この情報過多の時代、基本的に人は、自分以外のことにはあまり関心を払いません。(ものさしは自分に関係あるかです。)その中でいかに自社や自分のことを上手に告知して集客につなげていくか。それには、自分が宣伝するより、新聞や雑誌などのメディアが宣伝してくれる方が、圧倒的に効果があります。

しかし反面、折角メディアに掲載されたけれど、ほとんど反応がなかったという話もよく聞きます。

やはりPRにも戦略が必要なのですね。自分も今後意識をもってPR戦略に取り組んでいきたいと思います。そんなことを感じました。

「情報過多の時代、いかにPRに取り組んでいくか 」
ご覧いただきありがとうございました。

関連タグ:

「コンサルのちょっといい話」 関連の記事一覧

お問合せ
セミナーの依頼
 
ページトップ