お問合せ

第12回瀬戸内成長戦略研究会を開催しました

Tag:

本日、第12回瀬戸内成長戦略研究会(中小企業診断士による勉強会)を開催しました。

今回の発表担当は、栗原さん。経済書ベストセラー「ストーリーとしての競争戦略」のポイントについて説明いただきました。

心に残ったのは、戦略には「クリティカル・コア」(ストーリーの核)が大切だという部分。そしてクリティカル・コアは、「一見して不合理だが、実は競争優位の源泉である。」外からみると、不合理や高コストに見えるために他社に模倣されず、結果的にそのことが競争の核になる。業績優秀な会社は、このクリティカル・コアをもっている、とのことでした。(例えばスターバックスがあえてフランチャイズ方式を採らず、コスト高の直営店舗方式を採っていることなど)。

私も自分の事業において、意識して高めていこうと思っている「クリティカル・コア」が2つあります。

「一見して不合理だが、実は競争優位の源泉」。このクリティカル・コアを持つことが、他社との差別化ポイントになる。今後の企業支援活動をしていくうえで、大変参考になりました。

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村←ランキング参加中。この記事が参考になったら、ぽちっとお願いします。励みになります。

「第12回瀬戸内成長戦略研究会を開催しました 」
ご覧いただきありがとうございました。

関連タグ:

「コンサルのちょっといい話」 関連の記事一覧

お問合せ
セミナーの依頼
 
ページトップ