お問合せ

「ストーリーとしての競争戦略」を読んで~企業が継続的に利益を出していくには~

正月休みに本を買い込み、読書をしました。

そのうちの1冊に「ストーリーとしての競争戦略」というビジネス書がありました。2011年のビジネス書大賞を受賞した合計500ページからなる大作です。読んでいると「企業が継続的に利益を出していくための状態」について記述がありました。簡単な内容ですが、勉強になりましたので、ご紹介します。

「競合よりも顧客が支払いたい水準が高い商品、サービスを有している」「競合よりもコストが安い」「無競争状態に事業を置く」のいずれかに該当する必要があるそうです。一言で言えば、「高付加価値」か「低コスト」か「無競争」です。言われてみれば確かにそうですよね。皆さんはいかがですか?どれかに該当しますか?私は個人的には「無競争状態に事業を置く」を目指したいですね。一番ハードルが高そうですが。

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村←ランキング参加中。この記事が参考になったら、ぽちっとお願いします。励みになります。

「「ストーリーとしての競争戦略」を読んで~企業が継続的に利益を出していくには~ 」
ご覧いただきありがとうございました。

関連タグ:タグ: , , ,

「コンサルのちょっといい話」 関連の記事一覧

お問合せ
セミナーの依頼
 
ページトップ