お問合せ

飲食店で感じたこと

Tag:

先日、昼食である飲食店に行きました。そこで日替わりランチを食べました。

その飲食店は、和風形式の店構えも立派で、庭園もきちんと整備されています。地元の老舗店ということで地域住民から愛され、固定客も有しているように感じます。先日もランチの時間、ウィークデーでありながら、ほぼ満席の状態でした。料理もおいしく満足してレジで精算を済ませました。

1,000円札を出し、おつりを受け取ろうと手を差し出したときです。レジ兼ホールの女性店員から、おつりの小銭を、なんと手のひらの5センチ程度離れた上空から、落とされたのです。手が触れるのが嫌なんだと思うのですが、意識せずにやっているのでしょう。驚くとともに、一気にその店の評価が下がりました。

店内では経営者とおぼしき人物が、常連客でしょうか、楽しそうに談笑しています。自分のこんな間近で、危機的な顧客対応が行われていることに気づいていません。外堀をいくら綺麗にしても、従業員教育が行き届いていなければ、顧客は離れていくでしょう。「顧客をもてなす」のではなく、「顧客をさばいている」雰囲気を感じました。

こういうところから、少しづつ店の業績は下降線を描いていくのですね。

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村←ランキング参加中。この記事が参考になったら、ぽちっとお願いします。励みになります。

「飲食店で感じたこと 」
ご覧いただきありがとうございました。

関連タグ:

「コンサルのちょっといい話」 関連の記事一覧

お問合せ
セミナーの依頼
 
ページトップ