お問合せ

売掛債権担保融資の電話

Tag:

先日、当事務所に東京に本社のある銀行から、売掛債権担保融資(ABL)に関するセールスの電話が架かってきました。

当事務所のHPを見たようで、「御社のクライアント企業で、ABLが必要な企業さんはいませんか。」という内容でした。

ABLとは、売掛債権を担保にした動産担保融資です。通常の不動産担保を有していない企業や、すでに金融機関に不動産担保を差し入れ、担保価値が残っていない企業が、自社の「売掛債権」を担保にして資金を調達するものです。近年新たな資金調達方法として注目を集めています。

注目を集めてはいますが、なかなか普及しません。動産担保の手続きが煩雑であったり、売掛先(つまり顧客)に通知が行くため、企業が信用不安の発生を懸念するからです。

メジャーなところで、信用保証協会が取り扱うABLがあります。

しかし、本日セールスしてきた銀行系子会社の商品は、売掛先に通知がいかない(期限の利益を喪失するときは除く)ABLということでした。売掛先に通知が行かないのなら、魅力的です。条件面を確認しました。

「年利で金利は10%、事務手数料が2.5%、合計で12.5%かかります。」ということだったので、「その高い金利で使う企業はありますか?通常の融資の方がメリットがありますよね。」と聞くと、

「円滑化法でリスケしている企業など、通常融資ができないところを対象にしています。売掛債権が小口分散化されている企業ほど評価が高いのです。」ということでした。金利負担が大きく、中々お勧めできる条件の融資ではありませんが、そういう取り組みもあるのかと情報収集ができ、勉強になりました。ちなみに全国で数十社が導入しているそうです。

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村←ランキング参加中。この記事が参考になったら、ぽちっとお願いします。励みになります。

「売掛債権担保融資の電話 」
ご覧いただきありがとうございました。

関連タグ:

「コンサルのちょっといい話」 関連の記事一覧

お問合せ
セミナーの依頼
 
ページトップ