お問合せ

診断士にとって2次筆記の事例とは

Tag:

先日、24年度の診断士2次試験を開いてみて驚きました。たった2年前にあれだけ勉強していたのに、もう解き方を忘れかけているのです。

これではいけないと思い、若手診断士で月1回開催している瀬戸内成長戦略研究会のメンバーに相談しました。

結果、勉強会の中で1部時間をとり、1回ごとに1事例づつ、メンバー間でディスカッションをしていくことになりました。診断士試験の2次筆記の事例は、診断士にとって基本であり、診断力の根っこになるものです。合格後も引き続き研鑽していきたいと思います。

「診断士にとって2次筆記の事例とは 」
ご覧いただきありがとうございました。

関連タグ:

「コンサルのちょっといい話」 関連の記事一覧

お問合せ
セミナーの依頼
 
ページトップ