お問合せ

講師をする時、気をつけていること⑥~オファーをいただくことはご縁~

Tag:

基本的にオファーをいただければ、スケジュールがあえば、やったことのない内容でもお受けすることにしています。自分では「やったことがないぞ?」という演題でも主催者からすれば、何らかの意図があり、オファーをいただいているはずです。もしかしたら自分が気づいていない適性を見つけることができるかもしれません。

私自身、最初にいただいた講演がそうでした。その講演の演題は、「農業に関する」ものだったのですが、正直それまでは、農業に関してはあまり詳しくありませんでした。とにかくありがたくお受けし、必死で勉強しました。当日までには準備を整え、なんとかやりきりました。

そうして関わった農業に興味を持った私は、昨年通信教育「アグリビジネスに強くなる講座」を受講し、今年からは愛媛、高知、徳島の3件で6次産業化のプランナーをすることになりました。一つの仕事をいただいたおかげで、新たな分野が切り開けてきたのです。不思議なものです。慣れて実績を積んでいくと、得意分野を絞り込む必要があると思いますが、最初のうちはとにかく受けてやってみる姿勢が必要かもしれません。

オファーをいただくことは何かのご縁があるのだと思います。スケジュールがあえば、どこにでも出ていきますよ。

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村←ランキング参加中。この記事が参考になったら、ぽちっとお願いします。励みになります

「講師をする時、気をつけていること⑥~オファーをいただくことはご縁~ 」
ご覧いただきありがとうございました。

関連タグ:

「コンサルのちょっといい話」 関連の記事一覧

お問合せ
セミナーの依頼
 
ページトップ