お問合せ

飲食店先輩の話③

Tag:

飲食店先輩の話、第3回目は懐石料理店Sさんのお話です。

Sさんは、10年以上懐石料理風居酒屋を経営されています。そのSさんに質問してみました。「飲食店の創業失敗が多いのはなぜですか?」Sさんは答えてくれました。

「顧客に認知される前に淘汰される。」

特に店で料理長などを任され、腕に自信がある人が陥りがちな罠であるということです。実は腕に自信がある人は自分だけではなくたくさんおり、顧客がその店のよさを知る前に資金と気力が尽き、廃業に追い込まれてしまうのです。

だから大切なのは、顧客により早く認知してもらうこと、つまり「よい立地に出店すること」が大切とお話されていました。その通りだと思います。

次回は居酒屋Mさんのお話を紹介したいと思います。

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村←ランキング参加中。この記事が参考になったら、ぽちっとお願いします。励みになります。

「飲食店先輩の話③ 」
ご覧いただきありがとうございました。

関連タグ:

「コンサルのちょっといい話」 関連の記事一覧

お問合せ
セミナーの依頼
 
ページトップ