お問合せ

農業ファンドについて

Tag:

先日、農業ファンド法案が衆院を通過したという記事を見ました。

農林漁業者が食品加工や販売分野に進出するのを支援し、従来の補助金ではなく、民間の資金やノウハウを使って農業の競争力強化を狙う試みです。

国と民間企業が320億円を出資し、「農林漁業成長産業化支援機構」を設立します。機構本体や地域ごとに設けられる小ファンドが、農林漁業者と食品メーカーなどが合弁でつくる企業にお金を出す仕組みです。

しかしこの法案、気になる文言が盛り込まれました。「投資基準を作るときに農協などの意見を聞く」という規定です。また、機構が出資する際に、地元の農協など農林漁業者の意見を聞くことも条件に盛り込みました。

このファンドを活用するような企業はどちらかと言えば、農協などに頼ることなく、農機具を自社で調達したり、販路を自社で開拓するような積極的な企業が対象になると思います。その対象企業と地元農協は利害が対立しませんか??農協に意見を聞くことで、折角魅力的な事業プランに制約がかかりませんか??。とりこし苦労かもしれませんが、折角新たな試みをするのであれば、利用者側が使いやすく魅力的な制度にする必要があると考えます。

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村←ランキング参加中。この記事が参考になったら、ぽちっとお願いします。励みになります。

「農業ファンドについて 」
ご覧いただきありがとうございました。

関連タグ:

「コンサルのちょっといい話」 関連の記事一覧

お問合せ
セミナーの依頼
 
ページトップ