お問合せ

起業時に知っておきたいこと③ ~黒字なのに資金が回らない~

Tag:

起業時に知っておきたいこと第3回目の今日は、「黒字なのに資金がない」についてお話したいと思います。本当によくある話です。決算上は黒字がでているのに、いつも資金繰りで忙しい。商品がどんどん売れて、売上が急上昇している時に、特に起こりやすいです。

その原因は、「タイムラグ」です。単純に言うと必要な運転資金は、「売掛金+在庫-買掛金」です。売上が増加する過程において、この運転資金も増加するのです。そして入金と出金のタイムラグが発生し、資金繰りが忙しくなるのです。運転資金で資金が必要になることに加えて、人件費などは現金支払いです。繁忙になるとパート雇用なども発生します。すべて現金払いです。一方売り上げは3か月サイトなどざらです。支払いはすぐやってくるけれど、入金はなかなか入ってこない。結果資金がショートしがちになり、資金繰りに忙殺されます。

在庫にも注意が必要です。在庫が増加すると会計上の利益は増えますが、資金繰りはしんどくなります。会計上の利益が増える原因は、決算処理の際、在庫は売上原価から差し引くからです。だから見かけ上利益が順調のように見えます。しかし一向に資金繰りは楽になりません。加えて時間が経過すると、流行の変化などで在庫は陳腐化し、不良在庫となります。けれども、翌年の決算ではまた売上原価から控除され、見かけは利益率が高くなります。そして行きつく先は、在庫一掃セールなど安売りになります。

対応策は、売掛金については、取引条件に注意することです。利益率が高い取引先でも回収サイトが長ければ、規模を大きくしすぎないなど慎重に対応します。ネット販売など、直販比率を高める工夫も必要です。また、起業当初は在庫に注意します。大量仕入れで確かに単価は安くなりますが、販売予測を固めにし、無理な仕入れを行わないようにします。

売上は上がっているのになぜか資金繰りが忙しい・・・。そう感じたら、今日お話ししたようなことを調べてみる必要がありそうです。次回は「身の丈に合った事業展開をする」です。

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村←ランキング参加中。この記事が参考になったら、ぽちっとお願いします。

「起業時に知っておきたいこと③ ~黒字なのに資金が回らない~ 」
ご覧いただきありがとうございました。

関連タグ:

「コンサルのちょっといい話」 関連の記事一覧

お問合せ
セミナーの依頼
 
ページトップ