お問合せ

心と準備

Tag:

先日、報道ステーションを見ていると、スポーツコーナーでサッカー長友選手の特集をしていました。

長友選手は愛媛県出身なので応援しています。番組では長友選手の強みは「心」であると解説していました。松岡修三氏が長友選手にインタビューしていました。

今シーズン長友選手が所属しているイタリアのインテルは、監督が交代しました。前監督時代は、不動のレギュラーだった長友選手はベンチを温めることが多くなりました。しかしあるゲームで途中出場した長友選手は、粘り強いプレーで決勝点に繋がるPKを獲得し、それを機会にレギュラーを奪還しました。

松岡氏が質問していました。「監督が変わってベンチを温めていました。悔しくなかったですか。」長友選手は答えました。

「監督が代わってレギュラーを外されるということは、自分に実力がないということ。監督の責任ではない。」「世界一のサイドバックになるという目標に対して、まだまだ向上できるということ。やるべきことはたくさんある。」「レギュラーに定着し安住すると慢心がでる。常に競争環境に身を置きたい。」

何と前向きな発言でしょうか。徹底したポジティブ思考が長友選手の強みなのです。そういう長友選手ですから、試合に出れずにベンチを温めていた時にも、腐ることなくいつでも出場できる準備をしていました。この準備により、再度与えられたチャンスをものにすることができたのです。

この心の持ち方と準備は、マイナーからレイズに復帰した松井選手にも共通します。松井選手も開幕しても所属するチームが決まらない中、それでも試合に出場できる準備を整えていました。また、心の持ち方としては、いい時も悪いときもいつも平常心で取り乱すことがありません。(高校生で5連続敬遠をされた時も「作戦だから仕方がない」とコメントしていました。)

この2選手から学べることは、逆境においての心の持ち方と準備の必要性です。私も事業を行っていくうえで、参考にしていきたいと思いました。

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村←ランキング参加中。この記事が参考になったら、ぽちっとお願いします。

「心と準備 」
ご覧いただきありがとうございました。

関連タグ:

「コンサルのちょっといい話」 関連の記事一覧

お問合せ
セミナーの依頼
 
ページトップ