お問合せ

開業1周年を迎えての感想① ~予想とのギャップ~

Tag:

4月1日をもっておかげさまで開業1周年を迎えます。あっという間の1年でした。

現在、中小企業診断士資格取得に向けて頑張っている方、もしくは資格を取得し、今後独立に向けてどのように展開していこうか検討されている方、に向けて何回かに分けて感想をお話してみたいと思います。

第1回目の今日は「開業前に自分が考えていた予想図とのギャップ」です。

①仕事内容
私は銀行出身であり、改善計画書の作成や資金繰りの改善に関する仕事が中心になると思っていました。今後はこのような仕事が増えてくるとは思いますが、1年目は以外にも、セミナー講師や短大の非常勤講師、また人材育成に関する仕事をさせていただく機会が多くありました。その中で、教えるという自分の特性に気づくことができました。

②仕事仲間
開業前にこの人とこの人は一緒にできるだろう、または一緒にしたいなと考えていた人とはあまり仕事をご一緒できていません。逆に、意外な方からお声掛けいただき、ご一緒させていただくことが多かったです。だから最初は決め打ちせず、声をかけていただいたら一緒にやってみるのがいいのかもしれません。頭に入れておくべきなのは、立場が変れば(サラリーマンから独立など)人間関係も変わるということです。

③顧客
独立前には、先輩方から「2~3年は我慢だね。徐々にお客さんも増えてくるよ。」とアドバイスを受けていました。私は銀行時代の顧客とのネットワークもあり、正直ピンときませんでした。しかし独立して意味が分かりました。顧客は「銀行の看板」と付き合ってくれていたのです。これからは自分の能力と実績をつけて、顧客から声をかけていただくように努力しなければなりません。顧客は中小企業診断士について、「何が得意で、何をやってくれる仕事なのか」漠然としていて分からないのです。だから時間がかかるのです。

④収入と支出
1年間営業して、何とか生活していける目途は立ってきました。しかしながらよく「銀行時代の給料に追いついた?」と聞かれますが、残念ながらそのレベルまではまだ達しておりません。また、支出については、全部自分負担ですので思った以上にかかります。事務所を開設しているので、割とかかるのが消耗品費です。例えばプリンタートナーや文房具など、会社員時代には当たり前にそこにあった物のありがたさが身に沁みます。

皆さんは、中小企業診断士で生計を立てられるのか不安に感じられていると思います。私もよく質問されます。答えは『yes』であり『No』です。誰にも分かりません。時間がかかるのは間違いないようです。でもそれはどの仕事でも同じですよね。

次回は、「営業活動について」お話したいと思います。

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村←ランキング参加中。この記事が参考になったら、ぽちっとお願いします。

「開業1周年を迎えての感想① ~予想とのギャップ~ 」
ご覧いただきありがとうございました。

関連タグ:

「コンサルのちょっといい話」 関連の記事一覧

お問合せ
セミナーの依頼
 
ページトップ