お問合せ

募集開始

Tag:

今日は助成金についてのお話です。平成24年度「中小商業活力向上事業」の1次募集が開始されています。内容は以下です。

①事業目的
商店街等が地域コミュニティの担い手として実施する、少子化・高齢化等の社会課題に対応した空き店舗活用事業や地域資源を活用した集客力向上および売上増加効果のある取組を支援することにより、商店街の活性化を図ること→つまり商店街の活性化

②補助対象事業者
商店街振興組合、その他協同組合、特定非営利活動法人、商店街組織(法人化されていない任意団体の商店街)、民間事業者(ただし商店街組織からの推薦状要)

③補助対象事業
商店街等において実施する新たな事業であって、下記の社会課題に対応した集客力向上および売上増加の効果のある商店街活性化を図る施設整備事業または活性化支援事業

④事業終了後の成果目標
(1)集客力向上について
商店街全体における集客力が向上していることが必要
(2)売上高増加について
a  商店街の売上高の実数値若しくは増減率を改善すること
b  売上高の数値目標の把握については、商店街を構成する過半数以上の店舗の売上高を把握することが必要
→* このbの条項は、外部からの参入者には、高いハードルになりますね。なぜなら半数以上の店舗の売上データを開示してもらわないといけないので。よほどの信頼関係を構築できないと難しいと思います。

⑤補助対象経費
謝金、旅費、会議費、会場借料、交通費、施設や設備等の建設または取得に関する経費、店舗等賃貸料、内装・設備・施行工事費、空き店舗改造費、等

⑥補助額
上限:1億円
下限:100万円

⑦その他
事業者は、市町村等の商業振興担当課に要望書等の関係書類を提出。市町村から経済産業局に提出。

以上です。さらに詳細は、各経済産業局のHPから募集要項をご確認ください。

この事業に応募するためには、準備期間がかなり必要です。商店街組織であれば勉強会を立ち上げ色々な研究が必要となってくるでしょう。また外部からの参入者であれば、地元商店街との信頼関係の構築から開始しないと難しいです。

昨年の全国の採択実績を見てみると、ほとんどが「商店街振興組合」もしくは商店街関係者でした。この募集要項を見てみると、その理由が納得できたのでした。

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村←ランキング参加中。この記事が参考になったら、ぽちっとお願いします。

「募集開始 」
ご覧いただきありがとうございました。

関連タグ:

「コンサルのちょっといい話」 関連の記事一覧

お問合せ
セミナーの依頼
 
ページトップ