お問合せ

信用保証協会 ~便利な保証制度②~

Tag:

もし使用できれば便利な「上級制度編」(第2回目)についてお話してみたいと思います。

今日は、流動資産担保融資保証(ABL保証)です。簡単に言うと、「売掛債権や棚卸資産を担保にして融資をうけること」です。以下に概要を説明します。(愛媛県信用保証協会HPより抜粋)

対象者:事業者に対する売掛債権または棚卸資産を保有する中小企業者
保証限度額:2億円(保証割合80%のため、金融機関からの借入限度額2.5億円)
保証期間:1年以内
担保掛目:売掛債権→「売掛先」と「担保の保全(対抗要件の具備手続き)」によって70%~100%
       棚卸資産→30%
保証料率:融資金額に対して年率0.68%

概要については、以上です。今まで借入と言えば、不動産担保等固定資産が定番でしたが、この制度は、流動資産を担保とみなすという意味で銀行の取り扱い商品としては、画期的だといえます。

メリットとしては、固定資産を保有していない企業でも活用が可能で、資金調達の幅が広がるということ、保証料が一律で割安であることです。

一方デメリットは、法律が定める対抗要件を具備するため、東京法務局で「債権譲渡登記手続」を行う必要があり、手続きが煩雑であることです。

また、売掛先に判明した場合、信用不安に陥る可能性がある(実際そうでなくても売掛先が不安になる可能性がある。制度自体の認知度が低いため)ことから、制度利用は今のところあまり進んでいないのではないでしょうか。このあたりをクリアすることが、今後の課題ですね。

人気ブログランキングへ←ランキング参加中。ぽちっとご協力よろしくお願いします。

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村←ランキング参加中。ぽちっとご協力よろしくお願いします。

「信用保証協会 ~便利な保証制度②~ 」
ご覧いただきありがとうございました。

関連タグ:

「コンサルのちょっといい話」 関連の記事一覧

お問合せ
セミナーの依頼
 
ページトップ