お問合せ

中小企業診断士で独立を検討している君へ①~診断士が必要とされている業務~

Tag:タグ:

=== 実務補修終了! ===

試験合格者向けの、登録のための夏の実務補習も7月、8月コースが終了した頃かと思います。参加された皆さん、お疲れ様でした。

実務補修期間に、中小企業の経営診断をしたり、診断士の先輩である担当教官の話を聞いたりしているうちに、診断士の資格を活用して、いつかは(もしくは今すぐ)独立してみたい、と感じている人もいらっしゃるのではないでしょうか。

私も7年半前に実務補修を受けました。その時はもう退職して、後戻り出来ない状態でしたので、脱サラして独立しようかどうか、悩んでいたのは、それより前の受験勉強中ですが。

独立して7年強が経過しました。

=== 診断士が必要とされている業務 ===

診断士資格獲得後の一番最初の経営判断は、「独立するか、もしくは勤務先に残って資格を有効活用するか」、になるかと思います。

その経営判断をするにあたり、判断材料が必要です。

今回は、独立を検討している方向けのお話しをしますね。

今、診断士資格を活用して、プロコンとして活動するものとしての感覚は、私が独立した時よりも更に、診断士が活躍できるフィールドが広くなってきているということです。

それは、政権が中小企業の生産性向上や事業承継、災害復旧支援などを、政策として重視して進めているからです。

経営革新計画、経営力向上計画、事業承継計画、ものづくり補助金、小規模事業者持続化補助金、IT補助金、経営改善計画、災害復旧にかかる補助金の計画策定、BCP、各種のファンド申請書、などなど。その他、診断士の書類作成スキルを活かすことができる業務は、まだまだあります。

試しに、中小企業庁ホームページを開いてみると、支援策が多岐に渡っていることがよく分かります。アドバイザー業務の公募もあると思います。

=== 診断士の存在感の高まりと、認知度の向上 ===

私は、中小企業の経営者に寄り添い、生産性向上を支援できる人材の一番手は、診断士だと感じています。この分野で診断士は、他の士業よりリードできます。政府や行政にも期待されています。

生産性向上支援については、最近、新聞でも担い手として「中小企業診断士」が一番手として記載されていました。今までは税理士、弁護士等の「等」の中に入っていることが多く、一般世間の認知度の低さに、悔しい思いをしていました。

しかしこれからは、徐々に診断士の役割やスキルの認知度向上が進む、と感じています。上記のように、診断士が必要とされる業務も増加傾向にあります。追い風が吹いてるのは、現場の実感としても事実です。

ただし、「独立すればすぐ順風満帆」「バラ色の診断士ライフ」とは、中々いかないと思います。

そのあたりの注意点について、次回お話します。

この記事書いたのはこんな人(プロフィール)
【関連記事】
中小企業診断士で独立を検討している君へ②~ファーストステージを上手に漕ぎ出す方法~
中小企業診断士は、市場にどう向き合えば良いか②~AI時代の到来~
診断士として独立する①~仕事受注のための外部環境はどうか~

この記事に関するご質問、お問い合わせはこちらからどうぞ。
        ↓

「中小企業診断士で独立を検討している君へ①~診断士が必要とされている業務~ 」
ご覧いただきありがとうございました。

 
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ にほんブログ村←ランキング参加中。参考になったら、ぽちっとお願いします。
関連タグ:タグ:

「中小企業診断士に関するちょっとした話」 関連の記事一覧

 
ページトップ