お問合せ

リスケジュールとは~貴社は隠れリスケ状態ではないですか?~

=== リスケジュールとは ===

今、全国で中小企業者が約400万社あり、そのうちの約1割の40万社が銀行からリスケジュールを受けていると言われています。

リスケジュール(以下リスケ)とは、貸出当初の条件変更による元金返済猶予のことです。銀行借入金の元金返済を当初条件より減額したり、0にしたりして、支払いを待ってもらう状態になります。

最初に銀行に対して約束していた条件を守れなくなることから、銀行に対しての信用が低下します。そして、原則新規融資が受けられなくなります。

元金支払いを猶予していること=融資をしていることと同じ=引き続き金融支援をしている、と銀行は考えています。

しかし、企業経営者から見ると、今まで受けられていたリピート融資が受けられなくなり、不満が高まります。

ここに銀行側と会社側の心理的なギャップが発生します。

=== 隠れリスケ状態の問題点 ===

リスケを受けると、企業経営者にも「当社は、銀行から新規融資が受けられないようだ。売上を上げたり、利幅を確保したり、コストをカットしたりして、経営を改善しないといけない」という危機感が出ます。

気をつけたいのは、リスケを受けていないけれど、実は「実質リスケ状態」の企業が多いということです。

皆さんの会社は、こういう状態ではないですか?

☑長期借入金の残高が、なかなか減らない
☑毎年同じ時期に新規の長期借入金を借りている(返した分だけ、また借りている)
☑設備投資をしていないが、長期借入金は頻繁に借りている

いずれかが当てはまれば、「隠れたリスケ状態」かもしれません。

これは、長期借入金の減った額を新たに長期借入金で借入しないと、資金繰りが回らないことを意味しています。

つまり、「表面的にはリスケは受けていないが、隠れたリスケ状態である」ということができます。

先ほど申し上げた通り、リスケしている企業であれば、銀行は厳しく接しますし、企業も危機感をもって経営改善に取り組みます。

しかし、隠れたリスケ状態はどうでしょうか?

平常時には銀行は、毎年同じ時期にリピート融資してくれるので、経営者には油断が発生します。「銀行とは長年に渡り良い関係ができており、これからも支えてくれるはずだ」。

はたしてそうでしょうか?

業績が悪化したら?ライバルが近くにできて売り上げが減少したら?自社組織がガタガタしたら?守り重視の銀行支店長が着任したら?

残念ながら銀行は、貴社に対しての方針を転換してくる可能性があります。

今までリピートしていた融資に応じてくれないかもしれません。保証人や担保の追加要請など、条件を厳しくしてくるかもしれません。

その時、経営者は思うのです。「銀行が手のひらを返した!!!」

しかし経営者であれば、そういう状況もシュミレーションしておく必要があります。

=== なぜ銀行が手のひらを返したと感じるのか? ===

銀行は預金者から集めた預金を原資に融資をしています。

最も困るのは、貸した融資元金が返ってこないことなのです。焦げ付きを発生させた支店長は、厳しく処分されます。そのため貴社の存続より、貸出金の回収を優先することだってあるのです。

つい先日まで、飲み会などでニコニコ接してくれていた銀行員が、貴社の業績悪化を察知すると、厳しい態度で接してくるかもしれません。

そんなものだと、頭の片隅に置いておきたいものです。

=== 経営者としてどんな準備が必要か? ===

こういう事態を避けるため、経営者として準備しておきたいことは以下のようなことです。

①まずは自社の状態を正しく把握する
・資金調達方法は正しいか
・借りすぎていないか
・返済能力と返済額はマッチしているか など
②現状を把握し問題点があれば、対策を立てる
・現在の資金調達方法をどのようにシフトしていけば良いか
・新規設備投資など、今後はどのように資金調達をしていくべきか
・返済能力に見合った返済額にどう持っていくか など
③立てた対策を実施する

いずれにしろ、切羽詰まってからでは、実行したくてもできないことが多いです。余力のあるうちに、戦略を立案し実施することが大切なような気がします。

「隠れたリスケ状態」は、知らないうちにボディブローのように経営を圧迫し、問題が起これば一気に表面に出てくるのですから。

【この記事を書いた人はこんな人】プロフィール
【関連記事】
銀行長期借入金 返済能力判定が必要なわけ
405事業を使って経営を立て直す
会社の資金繰りはどうやって把握するのか

「リスケジュールとは~貴社は隠れリスケ状態ではないですか?~ 」
ご覧いただきありがとうございました。

 
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ にほんブログ村←ランキング参加中。参考になったら、ぽちっとお願いします。
関連タグ:タグ: , , ,

「コンサルのちょっといい話」 関連の記事一覧

 
ページトップ