お問合せ

認定事業再生士(CTP)の試験について

Tag:

先日、東京に一般社団法人日本事業再生士協会が主催する認定事業再生士(以下CTP)の試験に行ってきました。

CTP資格は、事業再生に関する十分な知識と経験を有し、再生計画の策定および実行ができる人材に対して与えられる資格です。

試験科目は、経営、法律、会計・財務の3科目からなり、1科目の試験時間は、記述式で2時間、とにかくぶっ続けで書き続けるハードな試験です。その記述試験を合格すると面接審査に進むわけです。というわけで私は、6/19に開催された記述試験に何とか合格できたため、面接審査を受験してきました。

面接審査合格に加えて、①3年以上の事業再生実務経験、②5件以上の事業再生案件の経験とそれに関するレポート、③3名の推薦状(原則先輩CTP)をすべて満たすと、晴れてCTPとして認定されるという流れです。

面接については、5件の事業再生のレポートの中から、1件について質疑応答が行われました。20分程度の面接が何とか終了し、後は発表を待つのみです。

もともとこの資格について教えていただいたのは、先輩CTPのU先生でした。「いい資格があるので、和田さん受けてみれば。」とご紹介いただき、試験にあたり、色々なアドバイスをいただきました。まだ、現時点で結果は分かりませんが、本当に感謝しています。

私が起業したきっかけの1つに、「銀行とはまた違った立場で、中小企業の支援がしたい。」という想いがありました。その想いを叶えていくうえで、CTP資格への挑戦は、新たな一歩となりました。

面接官の方にも面接の中で、アドバイスやお声掛けをいただきました。私が起業の経緯を話した際、「そういう気持の人が地方にいれば、中小企業者も心強いですね。」とか「中小企業再生支援協議会のアドバイザーに登録申請してはどうですか。」とありがたいアドバイスをいただきました。

CTP資格への挑戦は、モチベーションの向上につながりました。これからも起業した際の「事業再生で中小企業者のお力になりたい。」という初心を忘れることなく、精進していきたいと思います。

人気ブログランキングへ←ランキング参加中。ぽちっとご協力よろしくお願いします。

「認定事業再生士(CTP)の試験について 」
ご覧いただきありがとうございました。

 
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ にほんブログ村←ランキング参加中。参考になったら、ぽちっとお願いします。
関連タグ:

「コンサルのちょっといい話」 関連の記事一覧

 
ページトップ