お問合せ

銀行を不安にする経営者のその言動⑤~売上代金受け取り口座を変える~

~企業が受取口座を変更するケース~

企業が、売上代金の受取口座を変更することがあります。

元請けからの口座変更の要請、銀行間振込手数料の削減のため、ペイオフ対策、一行集中だと丸裸にされてる気がする、など理由は様々です。

融資を受けている銀行の受取口座を、例えば利便性の良いネット銀行などに変更した場合。

銀行の担当者は、顔を真っ青にして貴社を訪問するかもしれません。

~銀行が受取口座を獲得していることの意味~

売上代金の受取口座を自分の銀行に指定してもらうことで、

①融資先企業の売上動向など、業績の管理ができる

②売上代金が振り込まれため、融資金の返済財源を確認することが出来る

③預金残高を確保することで、実質金利を高めにできる

などのメリットがあります。

特に、②については、銀行にとって死活問題です。担保不足や業績不振なら、売上代金の入金が融資実行の条件になることもあります。

~受取口座変更に抵抗されるケースも~

上記のような理由で、経営者が何気なく実施した口座変更は、銀行から思わぬ強い抵抗を受けることがあるかもしれません。

もし事前に、「売上受け取り口座、他の銀行に変更しようと思うんだけど」と相談したら、銀行員は不安に思うことになるでしょう。

以上5回に渡り、「経営者が何気なく取っている行動が、実は銀行員を不安にしているケース」をご紹介しました。今後の参考にしてください。

【この記事を書いた人はこんな人】プロフィール
【関連記事】
銀行は、「売上代金振込口座」の指定を重視する
経営者がメインバンク変更を決断するとき
銀行は過去実績を重視する

お問い合わせは、こちらからどうぞ。

「銀行を不安にする経営者のその言動⑤~売上代金受け取り口座を変える~ 」
ご覧いただきありがとうございました。

 
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ にほんブログ村←ランキング参加中。参考になったら、ぽちっとお願いします。
関連タグ:タグ: , , ,

「コンサルのちょっといい話」 関連の記事一覧

 
ページトップ