お問合せ

融資を受けられる人、受けられない人④~資金使途~

融資申込の際、銀行から「資金使途」を確認される。必ずだ。

なぜ確認するかというと、銀行は経験上、資金使途が不明確な融資は、貸倒れになる(返済不能)率が高いことを知っているからだ。

聞かれた際、「足らなくなるときに備えて」など、曖昧な回答は避けたい。

□融資を受けられない人は、

・何にどれだけ必要か把握できていないため、融資の資金使途が説明できない

□融資を受けられる人は、

・何にどれだけ必要かきちんと把握している
・設備の場合などは、相見積もりをとり、初期投資を抑制するなどの工夫をしている

資金使途を明確に説明できなければ、まず融資審査には通らない。運転資金であれば、今後の資金繰り表や事業計画書、設備資金であれば、設備の見積書や投資対効果表など、準備して申込したいものだ。

「融資を受けられる人、受けられない人④~資金使途~ 」
ご覧いただきありがとうございました。

 
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ にほんブログ村←ランキング参加中。参考になったら、ぽちっとお願いします。
関連タグ:タグ: , ,

「コンサルのちょっといい話」 関連の記事一覧

 
ページトップ