お問合せ

融資を受けられる人、受けられない人③~自己資金~

融資を受ける際の自己資金についてお話したい。

特に創業ステージの場合は重要になる。

□融資を受けられない人は、

・事業開始までに自己資金の蓄積をしていないので、全額融資を申し込む
・自己資金をいきなり口座に振り込む

□融資を受けられる人は、

・事業開始までに計画的に自己資金を一定程度保有しているので、不足分のみ融資を申し込む
・自己資金を時間をかけて積み立てし、その経過を銀行に見せる

創業時に全額融資を申し込んだ場合は、計画性を疑われることがある。きちんと計画して準備するなら、一定程度自己資金は貯まっているはずだからだ。

また融資の際、「自己資金を見せてください。」と言われ、口座に一気に振り込むのもあまり評価されない。資金の出所が分からず、見せ金かもしれない、疑われるからだ。

逆に、3年間かけて積立定期で毎月こつこつと貯めているようなケースは、高く評価される。通帳を見せれば理解してもらえるはずだ。

銀行は、自己資金を通じて、創業者の事業にかける「本気度」を見ている。

年月をかけて苦労して貯めた自己資金を見て、創業者の「熱意」と「計画性」を評価するはずだ。

「融資を受けられる人、受けられない人③~自己資金~ 」
ご覧いただきありがとうございました。

 
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ にほんブログ村←ランキング参加中。参考になったら、ぽちっとお願いします。
関連タグ:タグ: , ,

「コンサルのちょっといい話」 関連の記事一覧

 
ページトップ