お問合せ

銀行を不安にする経営者のその言動③~利益が出ているのになぜかお金が足りない~

~業績は順調なのに、お金が足りない?~

会社を経営していると、売上が順調で、利益が上がっているはずなのに、なぜかお金が足りないことがあります。

原因は、売上代金の回収が遅れている、在庫負担が大きくなっている、業績の上昇で増加運転資金が発生している、借入金の返済額と財源がアンマッチ、など色々ありますが、これは事業をしていると十分ありえることです。

~経営者がお金が足りない原因について分からない~

経営者は、銀行員の前で嘆くのです。

「何が原因か分からないけど、お金がいつも足りないんです。」

ここで問題なのは、お金が足りないことよりもむしろ、経営者がその原因を把握していないことです。

会社が成長ステージにある場合には、前向きな理由により、資金需要が発生することがあります。

~銀行員が不安になる言動~

これは銀行からすると、応援したい状況です。しかし、「なぜ資金が必要になるのか」「融資を返済できる財源は用意できるのか」など、その状況や原因を経営者が正しく把握できていないとしたら、銀行員は不安になります。

経営者は、自社の状況を正しく把握した上で、銀行員と対応する必要があります。

【この記事を書いた人はこんな人】プロフィール
【関連記事】
資金繰り表 作成と活用のポイント
融資を受けられる人、受けられない人④~資金使途~
利益は出ているのに、お金はどこに消えたのか

お問い合わせは、こちらからどうぞ。

「銀行を不安にする経営者のその言動③~利益が出ているのになぜかお金が足りない~ 」
ご覧いただきありがとうございました。

 
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ にほんブログ村←ランキング参加中。参考になったら、ぽちっとお願いします。
関連タグ:タグ: , ,

「コンサルのちょっといい話」 関連の記事一覧

 
ページトップ