お問合せ

銀行員は決算書のどこを見ているか④~付属明細編~

今回はシリーズ4回目、最終回です。決算書の貸借対照表や損益計算書の内訳である、付属明細書について、お話したいと思います。

~銀行員が、決算書の付属明細を求めるわけ~

決算書を渡すとき、付属明細書をコピーせずに渡そうとすると、銀行員から「付属明細書もいただけますか。」と言われます。理由は、この明細がないと、銀行は決算書の分析に困るからです。以下のようなポイントを確認しています。書くことが多くなるので一部だけ抜粋してご紹介します。

~付属明細、貸借対照表どこをチェックしているか~
【貸借対照表】
①現預金の内訳

自行と他の銀行との残高バランスをみます。メイン行でありながら、期末の預金残高が他の銀行より少なければ、いい顔をしません。「なぜですか。」と聞かれたりします。また他行との定期性預金のバランスも見ています。

この感覚が、経営者と銀行員とでかみ合わないことがあります。銀行員の感覚では、借入金が多いところがメインBKであり、預金も当然多くあるべき、という意識ですが、経営者は必ずしもそういう意識でないことがあります。どちらがどうというわけではなく、立場が違うと、そういうものだということです。

②売掛金

内訳を確認しています。3期分を見比べて、毎年同じ金額で上がっている取引先はないか確認します。(同じ金額で、同じ取引先は、回収できていない不良債権の可能性がある)

③受取手形

手形振出し先はどこか、確認しています。同時に、手形のサイト(入金までの期間)を確認しています。受取手形の中で、不渡りになっているものはないか、確認しています。

④その他流動資産

特に仮払金、長短貸付金、未収入金、投資有価証券等は念入りにチャックします。この中に不良資産が隠れているケースが多いからです。

⑤支払手形

手形をどこに対して振出しているか、振出しのサイトは長期化していないか確認しています。

⑥借入金

借入金には長期と短期があります。これは、現預金と同様、自行と他銀行とのバランスを見ています。他銀行の金利はどうなっているか、他銀行の残高の急な増減はないか、確認しています。他銀行が増加していれば、場合によっては要因はなにか、企業からヒアリングしに行きます。経営者からみれば、「なんでそんなこと説明せないかんのや。」ということにもなりかねないため、銀行員は慎重にヒアリングします。

他銀行の残高が、減少していれば減少していたで、他銀行は資金引き上げ(いわゆる以前言われた貸し剥がし?)の姿勢ではないか、ということで不安になります。とにかく借入金は、他銀行の動向を注視しています。

~付属明細、損益計算書・販売管理費のどこをチェックしているか~
【損益計算書・販売管理費】

①売上

事業別売上や商品別売上を確認しています。コア事業はなにか、どう推移しているか確認しています。

②役員報酬

親族間でどれだけ、親族以外の役員にどれだけ払っているか確認しています。

③特別利益・特別損失の内訳

今期だけの一過性のものか、恒常的に発生していくものか、確認しています。それにより真の収益力を把握しようとしています。

以上、一部抜粋ですが、銀行員は付属明細についてこんなところを確認しています。

~決算分析プロの銀行員に、細工はしない方が良い~

4回に渡りシリーズで、「銀行員は決算書のどこを見ているか」をご紹介してきました。これはほんの一部です。もっともっと詳しく見ています。銀行員は決算分析に関してプロです。データ分析も進んでいます。

私が営業をしていた時、1ページ目に〇〇銀行用と書いた決算書をいただいたことがあります。その企業は、銀行別に何種類かの決算書を作成していて、混乱して違う銀行に渡してしまった、という笑えない話もあります。信頼を失くしてしまいます。

やはり正直が一番のような気がします。

【ブログ記事書いているのはこんな人】プロフィール
【関連記事】
融資肩代わりに関する銀行の考え方
粉飾決算書の提出は、銀行の融資方針にどう影響するか
銀行借入金、長期と短期のバランスはなぜ崩れるのか

お問い合わせは、こちらからどうぞ。

「銀行員は決算書のどこを見ているか④~付属明細編~ 」
ご覧いただきありがとうございました。

 
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ にほんブログ村←ランキング参加中。参考になったら、ぽちっとお願いします。
関連タグ:タグ: , , ,

「コンサルのちょっといい話」 関連の記事一覧

 
ページトップ