お問合せ

資金使途の意味と、資金使途違反を見つけたときの銀行の対応

~銀行が融資の際、使い途を確認するわけ~

事業をしていると、銀行から融資を受けることがある。

その時ありがちな失敗は、「資金使途」に関することだ。

事業者が銀行に融資を申込んだ際、必ず「資金使途」について確認される。「資金使途」、つまり『融資した資金が何に使われるのか』ということは、『貸したお金が返ってくるかどうかに直結する』と銀行は考えているからだ。例えば、貸したお金が遊興費などに流用されると、返ってこないリスクが大きくなると考えている。

~資金使途には運転資金と設備資金がある~

資金使途には大きく分けて、運転資金と設備資金がある。

運転資金とは、経営にあたって必要な資金で、「原材料仕入や、人件費、諸経費支払などに必要な資金」だ。概算額は、貸借対照表で簡単に計算できる。売掛債権(売掛金+受取手形)+在庫―買入債務(買掛金+支払手形)で算出された金額が運転資金である。

設備資金とは、機械装置や営業車両、本社や工場などの建物建築等、固定資産を購入するために必要な資金だ。

~特に注意が必要な設備資金の使い道~

銀行との対応において、特に注意が必要なのは、「設備資金」について。よくあるのが、設備資金で融資を申込み、融資金の振込を受けたものを、運転資金に流用してしまうケースだ。

融資を受ける際、設備資金で申し込んだ方が、事業者は説明しやすい。設備業者からの見積もりや契約書のコピーを提出することで内容が明確になり、資金使途がはっきりするからだ。逆に運転資金の場合は、資金繰り表を作成して「なぜこの資金が必要なのか」を説明しないといけない。運転資金とは、もともと目に見えにくいものなので、説明も難しい。

こうして設備資金で融資を受ける。最初はもちろん設備を購入するつもりだ。しかし、経営は予期せぬことが発生する。取引先からの入金予定が狂い、急に運転資金が必要になった。丁度銀行から融資を受けたばかりの設備資金がある。少しこれを拝借・・・。こうして「資金使途違反」が起こる。(こうしたことを起こさせないよう、融資実行から、設備業者への代金送金までを銀行が管理するケースもある)。

もちろん事業者に悪気はない。どっちにしろ事業資金で借りたのだから、返済さえきちんとすれば問題ないだろう。銀行には分からないだろう。まぁいいか。

~資金使途違反が銀行に発覚すると~

しかし、資金使途の相違が発覚するときがくる。例えば、銀行から領収書の提出を求められる。現物確認で写真を撮りに来る。決算書を提出した時に、購入されたはずの設備が固定資産の明細の中に掲載されていない。様々な角度からチェックが入り、ほとんどの場合、ばれる。

事業者側が悪気なく行った「やむを得ない資金使途の相違」を、銀行側は、事業者が「重大な資金使途違反」をしたと判断する。「なぜ、一度貼られたレッテルを覆すのはなぜ難しいのか」でもお話したが、事業者にとって大きなマイナスポイントとなる。この結果は、事業者と銀行の「資金使途」に関する考え方のギャップに由来している。

厳しい対応をされるケースでは、「即時全額返済」を求められることだってある。また、信用保証協会付融資であれば、その違反した借入金の返済が全額終了するまで、新規融資を受けることはできない。

このように、申込んだ資金使途と違った資金の使い途をした場合、銀行との信頼関係は、大きく損なわれる。事業者にその気がなくても、「この経営者は約束が守れない」と思われる。特に設備資金の場合は、注意が必要だ。もし止むを得ない事情が発生した場合は、自社で勝手に判断せず、銀行に事前に連絡しよう。相談に乗ってくれるはずだ。

こうした知識を持ったうえで、銀行との融資取引をしていきたいものだ。

《この記事のまとめ》
・資金使途には、運転資金と設備資金があり、特に設備資金の資金使途には注意が必要
・銀行が資金使途を厳しくチェックするのは、経験上、違反者が返済できなくなる可能性が高いと知っているから
・疑問点は、思い込みや軽い考えで判断せず、事前に銀行に相談すること

【ブログ記事書いているのはこんな人】プロフィール
【関連記事】
設備資金を申し込むとき、気をつけること
なぜ一度貼られたレッテルを覆すのは難しいのか
銀行融資を申し込む際のチェックポイント

お問い合わせは、こちらからどうぞ。

 

「資金使途の意味と、資金使途違反を見つけたときの銀行の対応 」
ご覧いただきありがとうございました。

 
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ にほんブログ村←ランキング参加中。参考になったら、ぽちっとお願いします。
関連タグ:タグ: , ,

「コンサルのちょっといい話」 関連の記事一覧

 
ページトップ