お問合せ

銀行員が上司と2人で訪問してくることの意味について(融資断りか、前向きか)

~銀行担当者が上司と同行訪問することの2つの目的~

銀行の担当者に融資を申し込んだ数日後、その担当者から「上司と2人で御社を訪問したいのですが。」と企業側に連絡が入ることがある。

これには2つのパターンがある。一つ目。

担当者が取引先企業から融資案件を持って帰った。上司に報告する。上司は担当者の報告を受けて、情報をまたその上司(支店長)に上げなければならない。しかし担当者の報告が的を得ない。自分が訪問して、申込企業の業況や経営者の人柄などを確認しよう。そういうケースだ。

銀行は、融資案件を上司(支店長など)に報告するために、稟議書を作成する必要がある。(口頭で、まず簡単な報告をすることもある)。その稟議書を作成するために、材料を集めに来るのだ。これなどは前向きの訪問と言える。

もう一つのパターンは、融資の断りのため、上司が同行してくるケースだ。

銀行員は、例えかなり融資が難しい企業から申込みをうけても、その場で「その融資、難しいです。」と返事をしてはいけない。厳しく上司から指導を受けている。その場で即答することで、企業経営者や財務担当者のプライドを傷つけ、トラブルになる可能性があるからだ。

「それは、あなた個人の考えか、それとも銀行組織としての答えか。」などど切り返されると、言葉に詰まってしまう。企業側も必死だ。そうしたトラブルを回避するためにも、難しいと分かっていながらも、一旦支店に持ち帰る。そして上司に報告し、上司同席のもと、お断りに出向くのだ。銀行では、融資の断りは上司と複数名で行う事が多い。

断りは、遠方など余程の理由がない限り、電話ではしない。訪問して丁重にお断りする。そのため、担当者から「上司と同行したいのですが。」と連絡があり、声のトーンが低ければ、お断り訪問の可能性が高い。

~融資謝絶の理由をはっきりと言わないわけ~

「融資謝絶の理由は何でしょうか。」企業側は当然理由を知りたい。その点を改善して、次につなげたいからだ。しかし銀行員は、はっきりした理由は言わない事が多い。

「総合的な判断で。」とか、「次回の決算を見せていただいてから。」とか、「もう少し返済が進んでから。」など、抽象的な表現で説明する。

実は、融資ができない理由は大抵が、業績(決算内容⇒赤字や債務超過)が悪いか、年商比較して借入金が多いからか、もしくは過去に銀行とトラブルがあったから、とか、そうした理由がほとんどだ。ただ、それをはっきり口にしてしまうと、融資を断られ感情的になっている企業を刺激してしまい、トラブルになる。銀行側からはっきり説明するのではなく、やんわり、ぼんやりと説明することで、企業側に気付いてもらいたい。そう考えているふしもある。(バシッと説明する銀行も、もちろんある)。

このように、銀行員が上司と2人で訪問してくるのには、前向きと後ろ向きの場合がある。知っておくと、心の準備にはなるかもしれない。

《この記事のまとめ》
・銀行員が上司と二人で訪問してくるのには、調査目的と断り目的の2種類がある
・銀行員が融資謝絶の理由をはっきり言わないのは、「ずばっ」ということで、経営者が気分を害することを避けている

【ブログ書いてるのはこんな人】プロフィール
【関連記事】
銀行との上手な付き合い方~飲み会対応で自社の重要度を推測する~
支店長が替わって方針が変更した気がする
なぜ銀行員は慣れた頃に転勤するのか
銀行が重視する取引先について
銀行は過去実績を重視する

お問い合わせは、こちらからどうぞ。

「銀行員が上司と2人で訪問してくることの意味について(融資断りか、前向きか) 」
ご覧いただきありがとうございました。

 
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ にほんブログ村←ランキング参加中。参考になったら、ぽちっとお願いします。
関連タグ:タグ: , ,

「コンサルのちょっといい話」 関連の記事一覧

 
ページトップ